サプリメントWEB事典
サプリメントのレーティング

効果のレーティング
二重盲検試験による臨床試験やメタ分析などで、有効性が検証されたサプリメント。

ある程度までメカニズムが解明されています。標準に基づくサプリメントが入手できる場合もあります。適切に利用すれば十分に効果が期待できます。
臨床試験によって有効性が検証されていえうサプリメント。

基礎研究において、有効性を示すメカニズムが示めされています。臨床試験も行われているものです。
基礎研究で、有効性が示され、有効成分についても検証されているサプリメント。

臨床試験データーはまだ十分ではありません。
伝承や逸話に基づき伝統医学で用いられてきたサプリメント。

基礎研究や臨床試験は十分ではありません。
 
安全に関するレーティング
安全性は高い。 通常の目安にしたがって利用する場合健康被害や副作用などは報告されていないものです。
ただし、健康被害報告がないものであっても臨床データーが十分でない場合、一段階下の「」とします。
安全性は比較的高い。ただし、サプリメントとの因果関係が認められないが、健康被害や副作用の症例報告が認められたもの、あるいは、臨床試験データーが十分ではありません。また、医薬品との相互作用には十分注意が必要ですので、医師や専門知識を持つ人のアドバイスを得てください。

通常の使用では特に問題となる健康被害や副作用は考えにくいです。
安全性は比較的高い。ただし、サプリメントとの因果関係を否定できない健康被害や副作用の症例報告が認められるので、使用には注意が必要です。
医薬品との併用や相互作用には特に注意が必要です、医師や専門知識を持つ人の指導のもとでの使用が必要です。
健康被害や副作用が数多く報告されています。サプリメントとしての使用は避けたほうがよいでしょう。

ただし、処方薬として利用される場合は問題ありません。

レーティングについての注意点

 レーティングの科学的根拠となるデーターには、国内外のさまざまな研究報告が含まれています。 臨床試験の結果、十分な効果があると考えられる成分・製品であっても、それと同じもの、あるいは同等の成分を含むものばかりとは限りません。

ハーブサプリメントを示す記号

 サプリメントの中には「ハーブ(薬草)」に属する成分があります。 サプリメントの中で、通常の食品や食材、香辛料などに含まれる成分であれば、日常の食生活で摂取していますから、サプリメントとして摂取しても体質に合わないなどの問題は生じにくいと考えられます。

 一方、サプリメントとして入手できるハーブの多くは、通常、食品や食材としては利用されていません。
このサプリメントWEB事典 で紹介したハーブサプリメントは、効果・効能や安全性が検証されてきた成分ですが、人によっては体質に合わないこともあります。
 そこでサプリメントWEB事典 ではハーブサプリメントであることが確認できるよう記号を表示します。
 見出しに「」があれば、そのサプリメントがハーブであることを示しています。



サプリメント事典目次に戻る