アレルギー反応               

 ▼腸内に存在する微生物▼

1.腸内フローラ

牛乳と卵の問題を考える前に、
もう少し基礎的な知識を身につけてほしい。

それは、人間の腸内に存在する
微生物に関することである

通常、こうした微生物をまとめて、腸内細菌と呼んでいる。
人間の腸内に存在する腸内細菌は約100兆個であると報告されている。
種類は、数百種類に分類されると言われている。

それぞれの細菌は、集団を作りながら、
うまく人間の腸内で生き続けているのである。
数百種類の細菌が100兆個もの集団を作り
腸内に存在するのだから、
腸内は、細菌の「お花畑」のようなイメージになる。
お花畑のことをフローラという。

従って、人間の腸内細菌の様子を、
腸内フローラと呼んでいる。
専門的には、腸内細菌叢(さいきんそう)とも呼ばれる。

私たちは、食事とともに
ありとあらゆる微生物(雑菌)を食べている。
こうした微生物の一部が人間の腸内に
住み着いていると考えれば判りやすい。
これが腸内細菌と呼ばれる微生物群である。
事実、生まれたばかりの赤ちゃんには、
あまり微生物はすみついていない。

やがて、腸内細菌とよばれる微生物が増えてくる。
離乳食が始まると、
腸内フローラと呼ばれる細菌のお花畑が誕生する事になる。


2.善玉菌と悪玉菌

この腸内細菌には、
人間にとって都合よい働きをする善玉菌(有用菌)と
悪玉菌(有害菌)が存在している。
人間はなぜ腸内に悪玉菌を住みつかせるかについて、
次のように説明されている。

もし、人間の腸内が善玉菌だけであったら、
食べ物と一緒に侵入してきた悪玉菌に
対抗しにくいといわれている。
普段から、悪玉菌と適当に付き合いながら、
悪玉菌が侵入してきても大騒ぎする必要がないようにしている。
といって、やたら悪玉菌が増えても問題である。

善玉菌と悪玉菌は適当なバランスを取りながら、
人間の腸内にすみついているのである。

このバランスが自然に崩れるのが、
加齢(年を取る)による自然老化現象である。
私たちは、老年期になると、
どうしても消化機能や免疫機能が衰えてくる。
とたんに、腸内では悪玉菌の勢力が強くなる。

よく知られる悪玉菌には、
ウェルシュ菌や黄色ブドウ球菌などがある。
こうした悪玉菌が腸内で活躍すると、
腐敗発酵の状態になる。
その結果、人間にとって都合の悪い毒素となる物質が、
作り出されることになる。
老人臭とよばれる体臭も、
こうした腸内の腐敗発酵によって発生した物質が、関係している。
事実、腸内菌のバランスを改善して
善玉菌の活動を強化すると、
老人臭が消えてゆく。


3.乳酸菌物語


近年、プロバイオティクスという言葉が登場した。
善玉菌を食べて、
腸内フローラを改善しようとの取り組みである。
その代表的な細菌が、乳酸菌である。
乳酸菌は善玉菌の代表と考えてよい。

従って、
「乳酸菌を食べて健康になろう」
ということが
研究テーマとして取り上げられたのである。
一方、食べた乳酸菌は
「本当に腸に達しているのだろうか」という
疑問が出されるようになった。
それは、胃の中の強い酸によって、
乳酸菌群が死んでゆく事が判ったからである。

この研究報告で、多くの人はがっかりしてようである。
「せっかく乳酸菌を食べているのに」と
誰もが思ったに違いない。

ところが乳酸菌物語は個々で終わらない。
胃の中で死んだ乳酸菌は、
腸の中の善玉菌の餌になっていることがわかった。
命を保つメカニズムは、
なんとも複雑でややこしい。
しかし、私たちはどんなにややこしくても
本当のことを知る努力を続けなければならない。
真実を知らなければ、結果として
誤った考え方を身に付けてしまうからである。

乳酸菌の一部は、胃の中で生き残って腸に達する。
プロバイオティクスと呼ばれる方法である。

多くの乳酸菌は、胃酸によって死んでしまう事になるが、
腸内の善玉菌の餌となって間接的に活躍している。
こうした善玉菌の餌に関することを、
専門的にはプレバイオティクスと呼んでいる。

ヨーロッパ各地では、
古くから牛乳を発酵させて、
その発酵物を食べる食文化が存在している。
どちらかというと、
生牛乳はあまり飲まない。
そういえば、チーズやバター、ヨーグルトは
ヨーロッパから伝わり日本に定着した食文化である。



3.牛乳を飲む食文化へ進む