賢い消費者に
「表示指定成分」リストと身体への影響
表示指定成分ってなに?

「表示指定成分」とは何なのかご存知ですか?

この質問に対して、多くの方にお答えいただきましたが、

「知らない」が約7割     「知っている」が約3割でした。

「知っている」との回答者も
どんな成分が「表示指定成分」なのかまでは、
ほとんどの方が知りません。


「表示指定成分」とは、旧厚生省が定めた、
石油合成成分(有害化学物質)で皮膚障害を起こす可能性のある成分の中で
、過去にアレルギーや接触刺激、皮膚毒素、発ガン性等の症例から
報告されたものを中心に2001年3月までに表示が義務付けられた成分のことです。

現在、化粧品などに使われている成分は、約3000種類ほどありますが、
その中で特に高度の有害性が認められているものが選ばれています。

しかし「表示指定成分」に指定されていないものは
即毒性がない石油合成成分(有害化学物質)というだけで、
安全であるということではありません。

この「指定表示成分」に対する過大解釈が、
「指定表示成分」を入れず、
他の石油合成成分(有害化学物質)を入れていても
「無添加」として販売されています。


 
”無添加”は、安全ではない

無添加とは、

102種類の有害化学物質を

使っていないというだけのことで、

他の4900種類の化学物質が入っていても、

無添加と表示されます。

全成分表示

化粧品の全成分表示は2001年4月から表示が義務付けられました。
化粧品の全成分表示は、現行の事前承認・許可制を廃止して規制緩和を図り、
欧米諸国の制度との調和をめざすために導入されます。

全成分表示の導入により、表示指定成分だけでなく、
化粧品に配合されるすべての成分の表示が義務づけられます。
全成分を表示することで、企業がその商品に責任を負うことになり、
自己責任が明確化されます。

また、全成分表示には、お客様が商品を選択したり、
使用する際の参考情報としての役割も持っています。


上記のように記述されていますが、
有害な成分が入っていることを公表することで、
万一肌トラブルが起きた場合にも
「知っていて買ったあなたが悪い」と
責任逃れができる方法と言っても過言ではないのでしょうか。

「表示指定成分」とは、高度の有害毒性があり、
2001年3月までに表示が義務付けられた成分のことですが、
成分の内容を知らない、
知ることができない消費者の人々は解りえぬまま
「指定表示成分」と「他の成分」とが一緒に表記されるようになり
かえって見分けがつきにくくなっているのが現状です。


日本の「表示指定成分」全102種類
 
厚生労働省が旧厚生省時代の1980年に、
厚生省告示第167号によって指定した表示指定成分は次の102種です。
ただし、現在は全成分表示が義務付けられているため、
美容業界では一般的に「旧表示指定成分」と呼ばれています。

なお、異なる名称を持つ成分については重複して記入していますので、その数は102を超えています。
また、各成分の毒性については、最新の研究結果をもとに簡略化して記してあります。 

名  称 起こす可能性がある身体への影響・トラブル
殺菌・防腐剤  
 安息香酸(安息香酸塩) 皮膚・粘膜・眼・鼻・のどを刺激。飲み下すと胃腸障害。
多量だと強い急性毒性。
 イソプロピル
   メチルフェノール
 皮膚発疹・吹き出物など。飲み下すと神経失調などをひき起こす。
 ウンデシレン酸  皮膚毒性は弱いが、飲み下すとめまい・頭痛・腹痛。
 ウンデシレン酸
   モノエタノールアミド
 皮膚毒性は弱いが、飲み下すとめまい・頭痛・腹痛。
 塩化ベンザルコニウム  眼に入るとアレルギー性結膜炎の報告がある。
 塩化ベンゼトニウム  皮膚毒性は弱いが、
飲み下すと嘔吐・痙攣・虚脱・昏睡などをひき起こす。
 塩酸アルキルジアミノ
     エチルグリシン
 発育停滞・クレアチン尿症・白血球減少。
 塩酸クロルヘキシジン  皮膚毒性は弱い。強いアルカリ反応を起こす。
 オルトフェニルフェノール  皮膚・粘膜を腐食。飲み下すと肝臓障害など。発がん性がある。
 グルコン酸
   クロルヘキシジン
 毒性は弱い。まれに発疹・めまいなどの過敏症状。
 クレゾール
   (クロルクレゾール)
 皮膚発疹・吹き出物など。飲み下すと消化不良・神経失調・黄疸など。
 クロラミンT  皮膚・粘膜を刺激。アレルギー反応。
 クロルキシレノール  皮膚・粘膜を刺激・腐食。致死性・発がん性がある。
 クロルフェネシン  毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性がある。
 クロロブタノール  皮膚に刺激。飲み下すと嘔吐など。多量だと精神錯乱・心臓機能低下。
サリチル酸 皮膚・粘膜を刺激・腐食。発疹・角膜剥離。飲み下すと致死性。
臭化アルキルイソキノリニウム 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性がある。
臭化ドミフェン 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性がある。
ソルビン酸(ソルビン酸塩) 敏感な皮膚・粘膜を刺激。環境中の亜硝酸と反応して発がん性がある。
チモール 人により皮膚アレルギー反応。飲み下すと嘔吐・下痢・頭痛・循環器障害など。
チラム 皮膚・粘膜・胃・のどを刺激。飲み下すと毒性。
デヒドロ酢酸(デヒドロ酢酸塩) 皮膚毒性は弱い。飲み下すと嘔吐・痙攣・肝臓機能障害など。
トリクロサン 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性がある。
トリクロロカルバニリド
     (トリクロロ・レバン)
毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性がある。
発がん性の疑い。
パラオキシ安息香酸エステル
     (パラペン)
アレルギー性湿疹。飲み下すと嘔吐・かゆみ・発熱・肝炎など。
パラペン
   (パラオキシ安息香酸エステル)
アレルギー性湿疹。飲み下すと嘔吐・かゆみ・発熱・肝炎など。
ハロカルパン 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。
フェノール 皮膚・粘膜を強く刺激。皮膚発疹。中毒死の場合あり。発がん性あり。
ヘキサクロロフェン 人により皮膚過敏症を起こす。小児への毒性が警告され、アメリカ合衆国は使用禁止の方針。
ラウロイル
   サルコシンナトリウム
毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。
レゾルシン 皮膚・粘膜を刺激。チアノーゼ・昏睡・腎臓障害。敏感症やアレルギー症の人は危険な中毒を起こし致死する。
ベンジンアルコール 皮膚・粘膜を刺激・腐食。飲み下すと腹痛。
合成界面活性剤  
アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(ABS) 皮膚が乾燥し荒れる。湿疹の原因物質とされる。催奇形性の疑いあり。
塩化アルキルトリメチルアンモニウム 副交感神経を刺激。胃痙攣・嘔吐・発疹など。
塩化ジステアリルジメチルベンジルアンモニウム 毒性は弱い。高濃度で皮膚・粘膜に刺激。
塩化ステアリルジメチルベンジルアンモニウム 毒性は弱い。高濃度で皮膚・粘膜に刺激。
塩化ステアリルトリメチルベンジルアンモニウム 毒性は弱い。高濃度で皮膚・粘膜に刺激。
塩化セチルトリメチルアンモニウム 皮膚・粘膜・眼を刺激。多量に飲み下すと致死性。
塩化セチルピリジウム 皮膚・粘膜・眼を刺激。多量に飲み下すと致死性。
塩化ラウリルトリメチルアンモニウム 副交感神経を刺激。胃痙攣・嘔吐・発疹など。
臭化セチルトリメチルアンモニウム 皮膚毒性は弱い。飲み下すと嘔吐・痙攣・昏睡など。
セチル硫酸ナトリウム 皮膚・粘膜を刺激。
直鎖型アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム 皮膚が乾燥し荒れる。湿疹の原因物質とされる。催奇形性の疑いあり。
ポリオキシエチレンラウリル硫酸塩類 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。
ラウリル硫酸塩類 皮膚が乾燥して荒れる。毛髪の発育障害・視力低下・白内障。
アルカリ剤  
ジイソプロパノールアミン 皮膚・粘膜を刺激。
ジエタノールアミン 眼・皮膚・粘膜を刺激。
トリイソプロパノールアミン 皮膚を乾燥させ、ひび割れを生じさせる。
トリエタノールアミン(ラウリル硫酸トリエタノールアミン) 皮膚・粘膜・眼を刺激。発がん性の報告あり。
パラクロロフェノール 皮膚・粘膜を強く刺激。中毒死の場合あり。発がん性あり。
ラウリル硫酸トリエタノールアミン(トリエタノールアミン) 皮膚・粘膜・眼を刺激。発がん性の報告あり。
酵素類   
塩化リゾチーム 発疹・食欲不振・胃部不快感・嘔吐・下痢・口内炎など。
保湿剤  
ジプロピレングリコール 皮膚毒性。飲み下すと内臓障害。染色体異常・赤血球減少。
プロピレングリコール 皮膚毒性。飲み下すと内臓障害。染色体異常・赤血球減少。
ポリエチレングリコール 皮膚毒性は弱い。飲み下すと肝臓・腎臓障害。発がん促進作用あり。
皮膜剤  
セラック 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。
天然ゴムラテックス 皮膚・粘膜を刺激。発疹・腫れ・水ぶくれ・腫れもの・眼の障害など。
トラガント アレルギー反応・皮膚炎。飲み下すと腹痛・ぜんそく。
ロジン 皮膚・粘膜を刺激。 接触皮膚炎。
エモリエント剤
(油分補給剤・皮膚軟化材)
 
還元ラノリン 接触性皮膚発疹・アレルギー性皮膚炎。
硬質ラノリン 接触性皮膚発疹・アレルギー性皮膚炎。
酢酸ラノリン 接触性皮膚発疹・アレルギー性皮膚炎。
酢酸ラノリンアルコール 接触性皮膚発疹・アレルギー性皮膚炎。
水素添加ラノリンアルコール 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。
ステアリルアルコール 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。
セタノール 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。
セトステアリルアルコール 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。
ラノリン 接触性皮膚発疹・アレルギー性皮膚炎。
ラノリンアルコール 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。
収れん剤
(細胞膜の透過性を低下させる溶剤)
 
イクタモール 皮膚・粘膜を刺激。飲み下すと胃腸障害・下痢。
パラフェノールスルフォン酸亜鉛 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性がある。
乳化剤  
 ミリスチン酸
   イソプロピル
 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性がある。
 ラノリン脂肪酸
   イソプロピル
 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性がある。
酢酸ポリオキシエチレン
   ラノリンアルコール
毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性がある。
ポリオキシエチレンラノリン 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性がある。
ポリオキシエチレンラノリン   アルコール 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性がある。
ラノリン脂肪酸
  ポリエチレングリコール
毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性がある。
金属イオン封鎖剤  
エデト酸(エデト酸塩) 皮膚・粘膜に刺激。
アレルギー症状・血圧低下・腎臓障害など。染色体異常・変異原性(バクテリアの突然変異)の報告あり。
紫外線吸収剤
     (UVカット)
 
オキシベンゾン 飲み下すと吐き気。多量だと急性致死毒性。
サリチル酸フェニル 皮膚・粘膜を刺激・腐食。発疹・角膜剥離。多量に飲み下すと致死性。
シノキサート アレルギー性皮膚発疹。
パラアミノ安息香酸エステル 過剰投与による嘔吐・薬物発疹・中毒性肝炎。
ベンゾトリアゾール 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。


酸化防止剤  
カテコール 皮膚を腐食。飲み下すと痙攣、ひきつけ。
酢酸トコフェロール 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。
ジブチルヒドロキシトルエン(BHT) 皮膚炎・過敏症。飲み下すと体重低下・脱毛・異常行動など。発がん性の疑い・変異原性の報告あり。
ブチルヒドロキシアソニール(BHA) 皮膚毒性は弱い。飲み下すと歩行失調・潰瘍形成・肝臓鬱血など。
没食子酸プロピル 体重減少、成長遅滞、胃潰瘍。染色体異常の報告あり。
ホルモン類  
エストラジオール 薬理作用の激しい医薬品で、重大な副作用や発がん性がある。
エストロン 薬理作用の激しい医薬品で、重大な副作用や発がん性がある。
エチニルエストラジオール 薬理作用の激しい医薬品で、重大な副作用や発がん性がある。
酢酸コルチゾン 薬理作用の激しい医薬品で、重大な副作用や発がん性がある。
ジエチルスチルベストロール 薬理作用の激しい医薬品で、重大な副作用や発がん性がある。
ヒキセストロール 薬理作用の激しい医薬品で、重大な副作用や発がん性がある。
ヒドロコルチゾン 薬理作用の激しい医薬品で、重大な副作用や発がん性がある。
プレドニゾロン 薬理作用の激しい医薬品で、重大な副作用や発がん性がある。
プレドニゾン 薬理作用の激しい医薬品で、重大な副作用や発がん性がある。
抗ヒスタミン剤・      消炎剤  
塩酸ジフェンヒドラミン 皮膚に過敏反応。飲み下すと嘔吐・ぜんそく性発作など。
グアイアズレン 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。
グアイアズレンスルホン酸ナトリウム 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。
毛根刺激剤  
カンタリスチンキ 皮膚・粘膜を刺激。充血・熱感を生じる。多量に飲み下すと致死性。
ショウキョウチンキ 毒性は弱いが、人によってアレルギー症状を引き起こす可能性あり。
トウガラシチンキ 皮膚を刺激。飲み下すと嘔吐・下痢・腹痛。
ニコチン酸ベンジル アレルギー反応による発疹・かゆみ・食欲不振・肝臓障害など。
ノニル酸バニリルアミド 成長遅滞・内臓機能障害など。
染毛剤  
ピロガロール 皮膚・粘膜への極度の刺激。中毒死のの場合あり。
飲み下すと致死性がある。
パラフェニレンジアミン 喉の刺激。気管支喘息。皮膚過敏症。
 色材・色素  
 タール色素  タール色素のうち、アゾ色素はアレルギー反応を起こし、黒皮病の原因とされる。発がん性・変異原性を示すものもある。キサンチン色素は、皮膚への刺激・発赤などの強い毒性がある。変異毒性があり、発がん性が疑われている。
 アゾ色素(タール色素)  アレルギー反応を起こし、黒皮病の原因とされる。発がん性・変異原性を示すものもある。
 キサンチン色素
   
(タール色素)
キサンチン色素は、皮膚への刺激・発赤などの強い毒性がある。変異毒性があり、発がん性が疑われている。


『指定表示成分』に規定されている成分の数は国により違いはありますが、以下のようです。

ヨーロッパ・・・・・約5000種類
アメリカ・・・・・・・・・・・800種類
日本 ・・・・・・・・・・・・・102種類
                         (日本の水準は、世界の中でも最低水準です)

ドイツでは、
プロピレングリコール(PG)・ラウリル硫酸Naは人体に有害なので、
使用禁止になっています。

現在日本では、ヨーロッパで規制されているのに、
日本では規制されていない約4900種類の有害表示指定成分が、
”無添加”として使用されています。
つまり野放し状態といってもいいでしょう。


”無添加”は、安全ではない