「消毒とガーゼ」撲滅宣言

 医療行為とは何かを言うことを問い詰めると,
「病気や怪我の苦痛を取り除くこと」「病気や怪我を早く治すこと」の二つに尽きるだろう。
これについては恐らく,異論はないと思う。
 この意味で,「苦痛を与え」「回復を遅らせる」行為は反医療行為とみなしていいだろう。

 しかし,現在の日本の医療現場(そして世界中の医療現場)では平然と日常的に,
その反医療行為が行われているのだ。

それが「傷を消毒してガーゼをあてる」行為だ。

「傷を消毒し,ガーゼをあてる」ことで,傷の治癒を遅らせて患者さんに経済的損害を与え,
無用の身体的苦痛を与えているのだ。
すなわち,医療行為として行われているものの中で最も意味がなく非科学的で野蛮な行為といえる。


 ここでは「消毒とガーゼ」にかわる最新の創傷治療を紹介する。
それがとりもなおさず,患者さんの利益になることだからだ。

「消毒とガーゼ」のような患者さんに苦痛を与えるだけの馬鹿げた治療
(・・・もしもそれが「治療」と呼べるのであれば・・・)
が一日も早く撲滅され,
患者さんがこの無用の苦痛から逃れる日が来ることを切に願っている。


 なお,このサイトは,医療職にある人にも参考になり,
しかも,一般の方々にもなるべくわかるように表現するつもりである。

そのため,専門的な用語もなるべくわかりやすい表現に噛み砕いて解説するつもりである。
 
また,実際の治療例の写真も掲載していくが,
一部,かなり生々しいものも含まれる(何しろ,外傷例がほとんどだから・・・)

傷や出血に弱い人は,その箇所は目をつぶって素通りして欲しい。

  • 作者:夏井 睦(なつい まこと)
    • 1957年,秋田県生まれ。
    • 1984年,東北大学医学部卒業。日本形成外科学会認定医。
    • 2001年10月1日,インターネット・サイト「新しい創傷治療」を開設。
    • 2003年4月,特定医療法人慈泉会 相澤病院 傷の治療センター長として赴任。
    • 2007年7月,石岡第一病院 傷の治療センター長に赴任。
学位もとっていなければ,留学もしていなければ,学会や大学では碌な仕事をしていません。
現在,所属している学会もありません。
1992年に日本形成外科学会認定医(専門医)を取得していますが,
2008年,勝手に放棄させていただきました。



目 次



新しい創傷治療その1


内 容

創傷ケアの「常識の嘘」

皮膚の構造

浅い皮膚潰瘍・皮膚欠損創の治り方

深い皮膚潰瘍・皮膚欠損創の治り方

傷は乾かしてはいけない
−乾燥はお肌・・・以上に創傷治癒の大敵−


すりむき傷がジクジクするのには意味がある

ガーゼ考



新しい創傷治療その2


内 容

傷治療の歴史的変遷

新たな発想
−湿潤環境での創傷治癒−


創面を覆うものは浸出液のみでよい

創を閉鎖して感染は増えないのか?

湿潤療法(うるおい療法,閉鎖療法)と細胞成長因子の関係

密封していると膿みたいなのが・・・




新しい創傷治療その3


内 容

湿潤療法(うるおい療法,閉鎖療法):患者さんへの説明の仕方

患者さんへの説明

湿潤療法(うるおい療法,閉鎖療法)の説明 −人力車と自動車−

当サイトへの反論にまとめて反撃!



より詳しくお知りになりたい方はこちらからどうぞ