予防学の重要性

予防学の軽視



現在、病院や診療所で行われている医療は、西洋医学です。
西洋医学は治療が主体で、病気の予防には目が向けられていません。
治療内容も一部療法を除いて、ほとんどが症状を緩和する対症療法で、
原因を解決する治療法ではありません。

がんや膠原病などの難病は、かかってから治療しても完治するものではありません。
これらの病気に対して使われる薬剤は副作用の強いものが多く、
薬剤に頼る治療法は好ましくはありません。
病気になって治療するより
病気を予防する事を優先すべきではないでしょうか。

「治療より予防を」は当たり前のことなのに、
多く医療関係者が忘れてしまっているか、関心がないのかわからないのが
今の日本の医療現状でしょう。

そして予防に力を注げない事の理由の一つには、
現在の日本の医療体制では、病気の予防がお金にならないからです。
予防学の研究には、病院でも大学の研究室でも予算がつかず、
結果として、予防分野では働く場所がありません。
そのため予防学の研究は遅れているのです。

もう一つは大学の医学の講義に予防学がない事です。
このことも、予防学の研究が遅れている、大きな原因になっています。


予防重視で国家負担も低減



いま、日本は別の観点からも予防学は重要になってきています。
日本は世界有数の借金大国になり、国家財政が窮乏している事は
ご存知の通りで、その中で医療費は年々増加しの一途をたどり、
日本の医療保険制度はすでに財源が底をつき破綻状態です。

20年後には団塊世代が老人になります。
その医療費を誰が払うのでしょう。
将来少子化が進むと、働く人の払う保険料は大変な額になります。
今こそ総医療費を大幅に減らす努力をすべきです。

個人にのしかかる無駄な医療費を減らすための方法は二つあります。
一つは、病気の予防をすること。
もう一つは、必要ない医療を減らすこと。

しかし、医療を行う側、つまり病院や製薬会社などには、
医療費を減らそうという意思はほとんどないでしょう。

ならば削減を可能に出来るのは、国と医療を受ける国民です。
すでに厚生労働省は、医療費自己負担率の引き上げを、
段階的に実施しています。

例えば、健康保険本人の外来医療費の負担率を20%から30%へ、
老人医療費の自己負担率増加、
慢性入院患者の自己負担増加などを決定しています。
そのうち、外来の医療費については
30%から50%へ、もしかすると70%へと、
加速的に自己負担率が引き上げられる可能性があります。

このままでは、お金がないと病院にかかれない時代が来るのは、
避けられそうにない状況といえるでしょう。
これからは自分の健康は自分で見る時代になってきています。
そして、家で世話をすることができない老人や病人を、
安く病院や施設に預けておける時代は終わります。

アメリカなどは、医療は自己負担のため、
高額な医療費がかかります。
そして医療費が払えず自己破産する人たちが数多くいるのも事実です。
日本もそうした方向に進んでいるし、避けては通れない事でしょう


代替医療と共存の時代に



がんやアレルギー性疾患、膠原病、その他難病を減らすには、
代替医療に取り組まなければ、解決しないでしょう。

これからの時代、徹底的に予防し病気にならないようにする。
そして万が一現代医学で解決できない病気は、
代替医療を積極的に利用してゆく事が、
日本国民にとって重要になってくるでしょう。
医師や薬剤師にも、代替医療の知識が必要となってくるでしょう。
そうした流れができてくることが、国民一人一人に為にも、
国全体にとっても有益であり、必要不可欠なことなのです。

そして結果として、
必要ない医師や薬剤師、製薬会社、医療機器メーカーなどは、
淘汰されてゆくでしょう。


それが、やがては

未来の子どもたちに

美しい、環境に優しい、安全な国を

伝え残せることになる。