科学(化学)を学ぼう




科学的基礎知識


いま、世界で最も盛んに研究されている分野が、
生命工学と呼ばれる分野である。
なかでも、ペプチドとオリゴ糖の研究は、各研究者がその成果を競い合っている。

ペプチドとは、タンパク質を小さくしたものである。
タンパク質自体は大きな分子状態で、
これはアミノ酸がつながってできたものである。

ペプチドは、アミノ酸が数個つながったものと理解すればよい。
もっと多くつながるとペプタイドと呼ばれる。

したがって、アミノ酸が基本となり、
ペプチド、ペプタイド、タンパク質と
だんだん分子が大きくなると受けてめればよい。

同じように炭水化物(でんぷん質)は
糖類がつながった大きな分子状態である。
糖類が数個つながったものをオリゴ糖といい、
オリゴは少ないという意味である。

こうした言葉の意味を理解しないと、ペプチドとかオリゴ糖と聞いても
何のことかよく分からないで終わってしまう。

同じように、ミネラルという言葉を聞いても
「プラスのイオン化」の意味が分からないと、その価値は理解できない。

イオンという言葉はよく聞くが、分からないまま生活している人が多い。
だから「マイナスイオンはすべてからだによい」と
信じ込んでしまう人が増えてくる。

このことを、理解するためには原子について知る必要がある。
原子を理解しないと、イオンも理解できない。
イオンを理解できないと、ミネラルの価値が分からない。

この原子を知る事は、音楽の楽譜と同じで、文学の文字とも同じである。


1. 原子と分子


原子という言葉はよく聞くことばで、物質の基本と理解すればよい。
次に分子という言葉は、物質の種類の基となるものを表している。

例えば、水の物質の基はH
2Oである。
Hは水素原子で水素原子が2個ということを表す。
Oは酸素原子のことで、この場合酸素原子1個を表す。
結局水という物質は、
水素原子2個と酸素原子1個で2Oという分子を作っている。


おいしいという水も2Oである。
味噌汁の中の水も2Oである。


別の物質を取り上げてみよう。
いま、地球温暖化の原因として話題になっている
二酸化炭素はCO
2で表す。
Cは炭素原子1個で、2は酸素原子2個である。

このように分子を記号で表し区別している。


ところが、少しややこしい事も存在する。
それはミネラルと呼ばれる物質である。
ミネラルは、鉱物や岩石を作っているものを
まとめて表現していると受け止めておけばよい。
このミネラル群は原子も分子も同じ状態である。

例えば、ナトリウムという原子はNaで表している。
Naはそのまま集団で物質を作り、
原子のままで物質の種類をつくると理解すればよく、
分子が存在しないのである。

このことがややこしく、多くの人がミネラルについて、
理解しにくい事になるが、自然の事実を正しく理解しないと、
何がなんだか分からなくなり、間違った考え方を身につけてしまう事になる。

ややこしいことがもう一つ存在する。
それは、高分子と低分子と呼ばれる物質の関係である。
自然界には、ある種類の分子がつながり、別な性質の物質を作ることがある。

アミノ酸とタンパク質の関係を例にすると、分かりやすい。

アミノ酸は、炭素、水素、酸素、窒素などの原子がくっつきあって分子を作る。
時には、イオウという原子をくっつけている事もある。
地球上で、タンパク質を作るアミノ酸は、たった20種類とされている。


この20種類のアミノ酸がいろいろ繋がりタンパク質を作っているが、
このタンパク質は長い鎖状になっている。
ということはタンパク質とは、
アミノ酸同士が次々繋がり、長い分子状態になっているのである。
そこで、このような長い分子状態の物質を、
高分子と呼ぶことにしたのである。

この高分子は、ばらばらに切ることが可能であり、
ばらばらに切ることを、低分子化という。
低分子化とは高分子を小さな分子にするときの言葉で、
ビタミンやミネラルなどの低分子化は、存在しない。
理由は、ビタミンは高分子になっていない。
ミネラルは原子状態が基本になっているので、分子は存在しない。

よく、健康食品などのセールストークで
「ビタミンやミネラルが低分子化しています」との表現を聞く事があるが、
これは誤った説明であり、科学的基礎知識を持たない人相手の、
悪質なセールストークといえるし、信じて買う人にも責任はある。。

科学的基礎知識を持つということは、
ビタミンやミネラルの低分子化はありえないので、
「それは誤りです」と否定する事が出来るし、
悪質な商品を買わされることもない。

化学物質オンパレードの日本社会では、
何が良いもので、何が悪いものか判断する事は難しいが、
科学的基礎知識を持つことは、
危険なもの、悪いものを避け、自分や家族を安全な方向に
また、日本社会を正しい方向に導くための
必要不可欠なこととなる。



今までの事を箇条書きで整理してみよう。


1.全ての物質は、原子からできている。

2.原子がくっつき、分子ができている。

3.中には、ミネラル(金属など)のように、分子を作らないものもある。

4.分子が次々繋がり、高分子ができていることがある。

5.高分子は、バラバラにして基の分子にしたり、
  小さな集団にすることができる。

6.高分子を基の分子にしたり、小さな集団にすることを低分子化という。

7.ビタミンやミネラルは高分子ではないので、低分子化することはない。



2.原子構造と電子(e-) へ進む





科学的基礎知識メニューへ