花粉症・アトピー・アレルギー・シックハウス予防
 
アトピー・アレルギー・花粉症・シックハウスなどは、自然治癒能力の低下が原因。
 
人間の体には、先天的に体内に「治す力」を備えています。
この「治す力」ことを自然治癒能力といいます。
自然治癒能力とは「自分の身体を自分で直す、 自らが治し、回復する能力」で、
人それぞれ治るまでの時間は違います。
 
切り傷や擦り傷をした時、傷口をふさごうとする能力。
骨が傾いている場合、傾きを直すために筋肉を動かす能力なども、
自然治癒能力が働いて、正常に戻そうとしてくれます。
   
しかし、日常生活の変化や、地球環境の悪化に伴い
自然治癒能力が低下したり妨げられたり、
欠如したりしていること増え始め、
様々な疾患に繋がっています。
   
自然治癒能力
   
現代医学の恩恵と限界
ある妊婦さんの話です。
「妊娠中毒症」に始まって「陣痛誘発剤の投与」、
陣痛の挙句の「緊急帝王切開」と私の初産は悲惨でした。
あのときもし自宅で出産していたら、
私も子供も命はなかった事と思います。
  
「自然に任しているだけでは間に合わない緊急事態」には
西洋医学がその力を最大限に発揮します。
切ったり縫ったりする事で、取りあえず「死の危険」から手っ取り早く救ってくれるのが、
西洋医学の恩恵の最たる点でしょう。
   
でも医者にできる事にも限界はあります。
麻酔が切れ、縫い付けられた自分の傷口と向かい合う時、
「医者にできる事はここまで。ここからは私が自分で自分を治すんだ」と自覚します。
  
あなたはカゼをひいた時「カゼ薬」を飲みますか?
  
この「カゼ薬」という名前は、実は正確ではありません。
意外かもしれませんがカゼを治す薬はないのです。
   
カゼになる原因のほとんどは、空気中にいるウイルスに感染する事です。
現代医学は、このウイルスを撃退する薬をまだ発見していません。
では「カゼ薬」とはなんなんでしょうか?
「カゼ薬」は解熱剤、鎮痛剤などが主成分です。
つまり「カゼ薬」は、カゼを「治す」のではなく
「カゼの症状を抑え、和らげる」ものなのです。
  
では何がカゼを治すのでしょうか?それは自然治癒力です。
身体にそなわった抵抗能力がウイルスを撃退するのです。
カゼが代表するように、殆どの病気は自然治癒力によって改善されます。
薬はそれを補助する役目にすぎないのです。
カゼ薬はカゼの症状を「抑え、和らげる」だけです。
そして、その間に自然治癒力がウイルスを撃退し快復させる。
  
自然治癒能力の衰え
現代人が抱えている慢性病や生活習慣病などの根本原因は
「自然治癒能力の衰え」にあり、
それらは「食生活の変化やストレスの多い生活習慣」、
「公害や薬毒などによる不純物の蓄積」
によるものだと言われています。
  
つまり「自分で自分を治す力」を回復するためには、食生活を改善し、
ストレスを極力避け、これ以上不純物を身体に入れず、
入った毒素を解毒し排泄・排出する事。
    
人間の体は、自らが治し、回復する機能を備えていますが、
「健康」は人間にとって大切なものであるにも関わらず、
「あって当たり前の事」として、
とかく疎かにされがちなものでもあります。
失ってみて初めて知る健康の価値。
それを失ってから回復するのはとても大変な事です。
失ってしまう前にその価値に気付いて、ご自分を労わってあげましょう。
  
自然治癒能力を高めるために大切なことは免疫力を上げること
  
          1.安全な正しい生活習慣
          2.有害化学物質を取り込まない(安全優先、体に毒を入れない)
          3.体内の解毒・排泄(デトックス)
          4.水分補給をこまめにする(大人1日2リットル目安)
          5.バランスの良い食生活(好き嫌いをしないで)
          6.必要栄養素の補給(マルチミネラル、マルチビタミン)
          7.適度の運動
  
このように日常生活を見直すだけで、免疫力が上がります。
免疫力が上がると、自然治癒能力が徐々に快復し、
健康生活が過ごせます。
全ての人が、健康で幸せな生き方をしてほしい。
  
  
  
まとめ
            経皮毒性・有害毒性を理解する。
            有害化学物質を使わず、添加していない天然素材の製品(日用消耗品・水周り品)を使用する。
            そして有害化学物質を体内に取り込まない。
            体内に取り込まれた毒は、体内浄化(デトックス)する。
            バランスよい食生活をし、栄養バランスを整える。