環境ルネッサンス(人体に見る汚染)

2006年12月26日〈火曜日〉27日(水曜日)28日(木曜日)の
3日連続で有意義なコラムが読売新聞に連載されました。


一部を抜粋にてご紹介します。

26日 有害物質 母から子供に


東京大学大学院助教授(環境システム学) 吉永淳さん(45)

 データーを検証していて首をかしげた。
1980年代後半に生まれた子供の乳歯から鉛が検出された。この鉛とは同位体分析で、規制が進み1980年後半には使用されていない車の有鉛ガソリンに含まれていた鉛と同種であった。
その成分が乳歯から検出されたのはなぜか?二つの可能性が考えられる。
@ 母親の体内に蓄積されていた鉛が、妊娠の際に血液からへその緒を通じて、胎内にいた子供に移行された。
A 排ガス中の鉛が土や砂に蓄積し、これらを子供が吸い込んだりなめたりした。
「規制後に生まれた子供の乳歯から検出されたといっても、濃度は低いが、鉛は低レベルでも健康被害が懸念される。
汚染程度や、ルートの研究は重要」と強調する。


近畿大学名誉教授(法医学) 吉村昌雄さん(79)

 吉村さんは、大阪府監察医事務所所長だった73年に病死した女性のおなかにいた胎児を解剖したとき、
胎児の皮下脂肪中の「ポリ塩化ビフェニール(PCB)」の濃度が、母親に蓄積している分の60%に達していたことへの驚きが忘れられないとの事です。
旧厚生省の依頼で、PCB濃度を調べ始めて2年目だった。
当時、PCBが混入した米ぬか油による中毒事件(カネミ油症)が世間を騒がせ、母乳のPCB汚染報告もあった。

第一子を主産した女性の母乳に含まれる濃度を72年から毎年調べている大阪府立公衆衛生研究所によると、
近年平均濃度は当初の5分の1以下に減ったが、調査している計8種類の有害物質の中では、
PCBの減り方がもっとも小さく、体内残留性が高いと指摘している。
吉村さんは「規制がしかれても、環境からその物質が消えるわけではない。人の体には残り続ける」と言う。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

私たちの身近にあふれる有害物質は、いったん体内に取り込まれると、長く蓄積され、世代を超えて受け継がれる。
健康被害がわかって規制されて、一件落着とは簡単にいかない。人体汚染について真剣に考えてほしい。


27日 薬漬け 遺骨さえも変色

関東地方の市立火葬場 施設長の男性職員(55)

火葬後の灰に混じった遺骨の頭骨内部と大腿骨の端がうっすらと緑色に染まっていた。
しかし男性職員は「全体が濃い緑色をした骨も、時々目にします」と言う。


関西医大教授(法医学) 赤根敦さん(46)

「リューマチなどの治療に使われる抗生剤で、骨が青く変色することがある。火葬後に残るかどうかは不明だが」と説明する。


NPO法人「りすシステム」代表理事 松島如戒さん(69)


 昨年遺族の承諾を得て、70代で亡くなった男女の遺骨分析を環境省の指定調査機関に依頼した。
すると、水銀、鉛、カドミウムなどの重金属をはじめ、11種類に反応があった。
中でも驚いたのは、除草剤に使用するシマジン、チオベンカルブ、チウラムも微量ながら検出された。
いずれも化学会社が開発した物質で、これらが遺骨から検出されたことは事実である。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

長期闘病で”薬漬け”になった遺体は少なくない。日本で医療に使われる「薬」は合成薬で化学物質で作られる。薬の副作用も体内で複数薬による化学反応である。人体、人骨は有害化学物質が蓄積しやすいと言われる。
死は生の集大成。こうした物質が人骨から検出されている事実は、今の時代を投影している。私たちに生活様式や価値観を見つめ直すよう、私たちに教えてくれているのではないだろうかと思う。人は死んだら土に帰るといわれてきたが、このままでは自然界に返すことが出来なくなるような気がする。


28日 「影響不明」物質いくつも



千葉大学大学院特任助教授(環境生命医学) 深田秀樹さん(49)

11月下旬、同大が開いた市民講座「未来世代を環境化学物質から守る」の中の講演で、水銀を出来るだけ体内に取り込まず魚を食べる工夫を話す「マグロは大トロより赤身がいい。生では食べずソテーでどうぞ」と教える。
同講座で、「PCBには209種類ある」といった基礎知識や、「有害化学物質による母乳汚染の実態」「健康被害を引き起こす量」「取り込まない工夫」などが紹介された。
「有害な化学物質を長期間にわたり微量ずつ取り込んだ場合、次世代への影響も含めた健康被害や、有害物質による環境汚染の現状を理解してもらいたい」と説明する。

人体への影響が心配される有害な化学物質は多い。例えば、家電を中心に難燃剤として使われるポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)は動物実験で大量投与すると、異常行動を起こす。
欧州連合(EC)では、PBDEを含む6物質の電気・電子機器への使用を禁じるROHS(特定有害物使用制限)指令を出した。


東京大学教授(産婦人科医学) 堤 治さん(56)

2001年同大病院で、30〜40歳代の夫婦数十組の承諾を得て、精子・卵子に含まれる物質を調べたところ、ブスフェノールAが全検体から検出された。プラスチックの一種ポリカーボネート樹脂の原料で、広範囲に使われている。
体内の正常なホルモンに影響を与える、内分泌撹乱作用が疑われ、環境省の試験では、魚類で作用が確認されている。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

普段の生活で避けられない汚染を直ちに恐れる必要はないが、汚染の現状に目を向けることが大事。人体の汚染から逃げることはできない。健康への影響を見極め、冷静に現状を理解し、安全な対応を心がけてほしい。
  

代表的な汚染である、大気汚染、土壌汚染、の原因が何であったか思い起こして検証してほしい。
大気や土壌は汚染されるが人間はかかわりないなどと考えること事態危険である。
人の生活は地球の自然環境によって生まれ育ち結果生きてゆけるのであり
私たちは地球の恵みなしには生きてゆくことが出来ない。

= この地球を守るために一人一人が立ち上がってほしい =