賢い消費者に
化粧品に含まれている主な成分(抜粋)

従来厚生省では消費者や医師からの情報をもとに、アレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性のある成分を選定し
消費者に注意を促すために表示指定成分を102種類選定、化粧品などへの記載がメーカーに義務づけられていました。

石鹸・洗顔料・クレンジング類に入っている主な有害化学合成物質
成分名 目的 身体に対する影響
エデト酸(同塩) 酸化・変化・変質防止 皮膚、粘膜に刺激がある。ぜんそく、発疹などのアレルギーを起こす等の有害性。吸収されるとカルシウム欠乏となり、血圧降下、肝臓障害を起こす。
パラベン 防腐剤・酸化防止剤 環境ホルモンの疑い。人により接触性皮膚炎の可能性、アレルギー性湿疹を起こす。飲み下すと、むかつき、嘔吐酸性症、掻痒感、薬物発疹、メトヘモグロビン血症、肝炎を引き起こす。
セタノール 乳化安定 なめらかさをだす。 弱い毒性を持つ。
オキシベンゾン 紫外線呼吸剤 皮膚から吸収され急性致死毒性がある。少量でも飲む下すと、むかつき、吐き気を伴う。多量では循環器系の衰弱、虚脱、呼吸亢進、麻痺、けいれん、ひきつけ、口と胃腸の壊死、黄疸、呼吸困難と心臓停止による死の可能性。
ジブチルヒドロキシトルエン 酸化防止剤 皮膚炎や、過敏症を起こす。飲み下すと血清コレステロール上昇。発ガン性の疑いがある。変異原性がある。体重低下、脱毛などを引き起こす。異常行動をおこす事もある。
香料    アレルギー作用を示すものがある。アルデヒト類が奇形等の有害性
化粧水・美容液類に入っている主な有害化学合成物質
成分名 目的 身体に対する影響
安息香酸(同塩) 防腐剤 皮膚・粘膜目・鼻・咽頭等に刺激がある。飲み下すと胃障害を起こす可能性あり。多量で過敏状態、尿失禁、けいれん、運動不調、てんかん様けいれんなど強い急性毒性を持つ。
オキシベンゾン 紫外線呼吸剤 皮膚から吸収され急性致死毒性がある。少量でも飲み下すと、むかつき、吐き気。多量では循環器系の衰弱、虚脱、呼吸亢進、麻痺、けいれん、ひきつけ、口と胃腸の懐死、黄疸、呼吸困難と心臓停止による死。
酢酸-dl-α-トコフェロール 促進効果 弱い毒性を持つ
ジブチルヒドロキシトルエン 酸化防止 皮膚炎、過敏症を生ずる、飲み下すと血清コレステロールの上昇、異常行動を起こす。発ガン性の疑い。変異原性がある。体重低下、脱毛が報告されている。
パラベン 防腐剤・酸化防止剤 人により接触性皮膚炎、アレルギー性湿疹。飲み下すと、むかつき、嘔吐酸性症、?痒症、薬物発疹、メトヘモグロビン血症、肝炎。
エデト酸(同塩) 酸化・酸散・変化・変質防止 皮膚、粘膜に刺激。ぜんそく、皮膚発疹などのアレルギーを起す。摂取されるとカルシウム欠乏となり、血圧降下、肝臓障害を起す。
乳液類に入っている主な有害化学合成物質
成分名 目的 身体に対する影響
安息香酸(同塩) 防腐剤 皮膚・粘膜・目・鼻・咽頭等に刺激がある。飲み下すと胃障害を起こす可能性あり。多量で過敏状態、尿失禁、けいれん、運動不調、てんかん様けいれんなど強い急性毒性を持つ。
ステアリルアルコール 乳化安定 なめらかさを出す。 弱い毒性を持つ。
酢酸-di-α-トコフェロール 促進効果(ビタミンE) 弱い毒性を持つ。
ジブチルヒドロキシトルエン 酸化防止剤 皮膚炎や過敏症を生ずる。口から入ると血清コレステロール上昇。発ガン性の疑いがある。変異原性がある。体重低下、脱毛が報告。異常行動をおこす。
ソルビン酸(同塩) 防腐 敏感な皮膚、粘膜を刺激する。環境中の亜酢酸と反応して発ガン性の疑い。
デヒドロ酢酸(同塩) 防腐 弱い皮膚毒性を持つ。飲み下すと嘔吐、けいれん、ひきつけ、肝臓機能障害の可能性。
プロピレングリコール 光沢のあるなめらかさを出す。溶解性、乳化性、湿潤性、殺菌性。 弱い皮膚毒性を持つ。口から入ると、腎臓障害や知覚障害を起こす。溶血性がある。
パラベン 防腐剤・酸化防止剤・防カビ剤 環境ホルモンの疑い。人により接触性皮膚炎の可能性、アレルギー性湿疹を起こす。飲み下すと、むかつき、嘔吐、酸性症、掻痒感、薬物発疹、メトヘモグロビン血症、肝炎等併発の可能性。
エデト酸(エデト酸四ナトリウム) 酸化・変化・変質防止 皮膚、粘膜に刺激。ぜんそく、発疹などのアレルギーを起す等の有害性。
クリーム類に入っている主な有害化学合成物質
成分名 目的 身体に対する影響
エデト酸(同塩) 酸化・変化・変質防止 皮膚、粘膜に刺激がある。ぜんそく、発疹などのアレルギーを起こす。吸収されるとカルシウム欠乏となり、血圧降下、肝臓障害を起こす。td>
ステアリルアルコール 乳化安定 なめらかさを出す。 弱い毒性を持つ。
酢酸-di-α-トコフェロール 促進効果 弱い毒性を持つ。
ジブチルヒドロキシトルエン 酸化防止剤 皮膚炎、過敏症を生ずる。飲み下すと血清コレステロール上昇。異常行動をおこす。発ガン性の疑い。変異原性がある。体重低下、脱毛が報告されている。
セタノール 乳化安定 なめらかさをだす。 弱い毒性を持つ。
ミリスチン酸イソプロピル 保留剤・柔軟性 弱い毒性を持つ。
パラベン 防腐剤・酸化防止剤 環境ホルモンの疑い。人により接触性皮膚炎の可能性、アレルギー性湿疹。飲み下すと、むかつき、嘔吐酸性症、掻痒感、薬物発疹、メトヘモグロビン血症、肝炎等の併発の可能性。
エデト酸(エデト酸四ナトリウム) 酸化・変化・変質防止 皮膚、粘膜に刺激。ぜんそく、皮膚発疹などのアレルギーを起す等の有害性。
香料    アレルギー作用をしめすものがある。アルデヒト類が奇形等の有害性
メイク・ファンデーション類に入っている主な有害化学合成物質
成分名 目的 身体に対する影響
ジブチルヒドロキシトルエン 酸化防止 皮膚炎、過敏症を生ずる、飲み下すと血清コレステロール上昇、異常行動を起こす。発ガン性の疑い。変異原性がある。体重低下、脱毛が報告されている。
クロルキシレノール 殺菌・防腐剤 皮膚・粘膜を刺激し、はれ、にきび、吹き出物、じんましんなどの皮膚発疹を生じる。皮膚粘膜を腐蝕、皮膚の毛細血管をけいれんさせ、壊疽(えそ)などの強い障害を生ずる。皮膚から吸収され、中毒死することがある。発ガン性がある。
ブチルヒドロキシアニソール 石油に対する酸化防止剤 弱い皮膚特性を持つ。飲み下すと、歩行失調、呼吸亢進、消化機器出血、潰傷形成、肝臓うっ血、発ガン性の疑い。
酢酸・di・α・トコフェロール 促進効果(ビタミンE) 弱い毒性を持つ。
ラノリンアルコール(ラノリン) 保水性・乳化剤・酸化防止剤 接触性皮膚発疹、アレルギー性皮膚炎を起こす。
パラベン 防腐剤・酸化防止剤 人により接触性皮膚炎、アレルギー性湿疹。飲み下すと、むかつき、嘔吐酸性症、?痒症、薬物発疹、メトヘモグロビン血症、肝炎。
香料    アレルギー作用を示すものがある。アルヒドト類が変異原性を示す。毒性は不明。
色素(タール色素、アゾ色素、赤色202号404号黄色4号205号など)    アゾ色素:(赤色202号、404号、504号、黄色4号、205号、401号、橙色205号)皮膚呼吸され、アレルギー反応を起こし、黒皮症の原因となるものがある。なかには変異原性、発ガン性を示すものもある。
キサンチン色素:(赤色213号)光の存在で皮膚への刺激、発疹などの強い毒性がある。変異原性、発ガン性を示すものもある。
その他:(黄色203号、204号、緑色202号、204号、403号、404号、赤色226号)タール色素の多くのものに発ガン性が報告されている。