1.経皮吸収毒性とは

長い間、多くの科学者や研究開発者をはじめ、大多数の人たちは有害な化学物質が
皮膚から浸透してくるということや、皮膚から入る怖さを認識してはいなかった。

皿洗いをしていたアルバイト学生が「手の皮がぼろぼろになった」と話していた。

しかしそのような話で思いつくことは
「合成洗剤の成分が手の表皮に害を与えるのだ」
との認識程度で、体内にまで入り込んで毒性を発揮しているとは
多くの科学者も皮膚科の医師さえも認識していなかったのである。


やがて、食堂で働くパートの女性たちに、肝機能障害を持つ人が増えだし、
合成洗剤を使うと肝機能障害になると説明された。

けれど、ビニールの手袋をするようになって、
この問題はいつの間にかうやむやになり、
事実関係を追及することもなくなってしまった。



今まで合成化学物質が皮膚吸収されることは、科学者や研究者の間では知られていた。
化粧品などは、より多く吸収させるために日夜研究開発を続けている。
また、医薬用に使われる塗り薬や湿布薬も、皮膚に吸収させて効果を発揮させる。


このように皮膚が何かを吸収することを「経皮吸収」と呼び
合成化学物質の研究者は「良い言葉」として受け止めてきたため、
積極的に経皮吸収する科学物質の研究開発に取り組み
多くの毒性を持つ化学物質を生み出している。


その根底には、

「少量だから、微量だから問題ない」

「薄めて使うから安全だ」

「すぐ洗い落とせば大丈夫だ」

とする考え方がある。


この陰には、多くの動物(マウス・犬・猫・うさぎ・サルなど)たちが
実験に使われ、殺されている。
なぜ実験をするのか? なぜ実験の必要があるのか?

危険性のある原料、材料、添加物だからである。

人に害があると危険だから即毒性が出ない限界点を確認するため、
何度も同じような実験が繰り返されている。


けれど即毒性はなくとも、長年にわたって使用し続けたときに
有害化学物質の体内に蓄積されることで害はないのかと、
真正面から疑問を投げかけたのが経皮吸収による毒性の影響の考え方である。


この「経皮吸収毒性」という言葉は、
「経皮吸収によって、毒性のある化学物質が吸収されること」
を表すために名づけられ言葉である。

たとえ微量でも毒性のある化学物質は、皮膚から吸収され問題が発生するのである。


この指摘は、欧米諸国では科学知識が教育され、当たり前のこととの考えだが、
日本の歴史の中では、一部の科学者が握り潰して、
国民には正確に知らされない言葉であり、
企業にとっては知られてはまずい言葉なのである。

今までの日本は、たとえ毒性のある化学物質でも、
「使用量」によって安全とされてきたから、
それを守れば良いとの考えである。
これが日本の常識とされている。

しかし、欧米諸国では「日本の常識は非常識」とまで言われている。


この毒性の化学物質の代表が、「プロピレングリコール」と呼ばれる物質で、

原液は
「猛毒」であり、

取り扱いには写真のように宇宙服のような完全防護服を
着用することが義務付けられている。


ところが、この「プロピレングリコール」
即毒性が出ない程度にうすめることで安全な物質と決め付けて、
多くのものに大量使用してきたし、現在でも大量に使用し、
使用範囲も使用商品も拡大されている。

使用目的は主に「乳化剤」「保湿液」「不凍液」「殺菌剤」などがあり、
表示は省略して「PG」と表示したりもしている。

この「プロピレングリコール」
薬事法の「表示指定成分」で会って表示が義務化されている。
されは、アレルギーなど問題を起す可能性がある。
そして、問題の可能性があることを、消費者に知らせるため表示を義務付ける。
しかし製造メーカーは隠そうとするため、
「PG」などと略表示でごまかしながら表示させる。

結果、消費者個人に対し、商品に問題物質が含まれているのを承知させ、
個々に使用するかどうかを選択させるためであるが、
これは国やメーカーが責任を回避するための手段である。

つまり安いからと、商品の表示を見ないで消費者が購入しても、
問題が発生した場合には、表示してある事を承知の上で使用してたと、
言い逃れる事ができてしまう。

ところが、このことを正しく知る事はなく、
表示の事を理解していない多くの消費者は、
勘違いをしてしまう。

つまり、表示指定成分だから
「安全を保証している」と解釈していた人が日本中大勢いたため、
「問題を含む可能性がある」とは受け止めていなかった。


やがてマスコミなどで真実報道がされ始めると、
表示方法を全成分表示方式に法改正をして、
消費者が「安全」か「危険」かが分からないようにし、
問題点の追求を交わしてしまう措置がとられてしまう。

いわば、第二・第三の水俣病を作り上げる方法に転換してきている。


に上げたPG(プロピレングリコール)は、
少量・微量だから問題ないのでなく、

経皮吸収で体内に蓄積された場合吸収毒性・蓄積毒性となりうる。

たとえ少量・微量でも蓄積されるので危険との判断である。

この考えには、


厚生労働省学会などをはじめ、

石油化学業界・化粧品業界・日用品業界・

食品業界・製薬業界・医療業界
などや

こうした業界からの広告で収益を上げている
メディア各社などでは、

口を開かない。

特に、使用の可能性がある業界、その業界に支えられているメディアにおいては

業者の売り上げアップ、利益確保の最先端にいる。

そして正しい報道を行うこともなく、自己保身のため無視し続けている。

真実を知らせるべきメディアが口を閉ざし、目をつぶり

広告主の言うがままに偽装報道を続ける



これでは、

第二・第三の水俣病や、

カネミ油症問題や

多くの薬害問題が

発生するといっても過言ではない。

多種の問題を危険と認識せず、

見切り発車する姿勢は安全とは程遠い




もし、日本中の消費者が「PG」の添加されている商品を全て使わなくなったら、
化粧品産業や日用品産業界に異変が起こると思われる。

その異変とは、消費者に使ってもらうため
各メーカーは、安全な商品の開発をし、販売する。

これは、生産者や販売者にとっては産業革命と同じであるが、
消費者をはじめ生産者自身も、その家族も安全な生活ができ、
安全・安心な美しい環境の日本へと変わってゆく。

つまり日本から世界に向けて美しい地球環境へと
生まれ変わってくれるはずである。


経皮吸収の危険性


@ 痛みや刺激をほとんど感じないため、
皮膚から有害な化学物質を吸収している自覚がない。
A 皮膚から吸収された有害な化学物質は、口から吸収されるものとは違い、
自然代謝ではなかなか解毒されない。
B 血液やリンパ液に乗って体内を巡るので、
身体のあらゆる場所で悪影響を及ぼす危険性がある。
C 経皮毒となる日用品の成分には、環境ホルモンや
発癌物質だと疑われるものもある。
D 日用品は毎日繰り返し使用するため、一回の吸収量は微量であっても、
体内には有害な化学物質が徐々に蓄積してゆく。
E 化学物質の吸収量、蓄積状態、排出量には個人差があるため、
その影響はさまざまで実態が掴みにくい。

 
 2.経皮吸収と有害物質

人間の皮膚は、もともとからだの内部を守るための組織になっている。
そのため有害な物質が侵入しにくいような構造を持っている。
ただしこのことは天然(自然界)に存在する物質についてのことである。

一般的に天然に存在する物質は、水に溶けやすい性質を持っている。
このため人間の皮膚は水をはじくように出来上がっている。
この水をはじく役割は「脂肪」で、人間の皮膚には脂肪を出す特別な組織が存在する。
専門的には皮脂腺と呼ばれている。


この皮脂腺から絶えず脂肪分を出して水をはじいていると同時に、
水に溶けているさまざまな物質もはじく。
よく経皮吸収の説明で分子量の大きさが取り上げられる。
「分子量70以下の物質は人間の皮膚に侵入してゆく」
説明されることもある。

たしかに分子量の小さなものは皮膚組織に吸収されやすいことは事実である。

しかし分子量の小さな水が、たやすく人間の皮膚を通過するかといえば
事実はそうなっていない。

自然の中での進化で、分子量の小さな水も
はじくように工夫されていると考えればよい。
同時に、分子量の大きさとは関係なく水に溶けてる物質も、
直接皮膚から吸収しないように工夫している。

だから、私たちが海の中に入っても、海水中に溶けているさまざまな物質をも
直接皮膚で吸収できにくくなっているのである。
海水には多くのミネラルがイオン状態で溶けている。
もし、海水中のミネラルが人間の皮膚にどんどん吸収するとなれば、
有害元素である水銀・鉛・カドミウム・ヒ素・スズなども
皮膚から吸収してしまうことになる。

そのため、守る工夫がなされている。

私たちはこうした、自然に適応する体の仕組みが出来ていたため、
長い間「経皮吸収毒性」といった考え方を、人類は持たずに生きてきた。

 
 
しかし石油化学の発達に伴い、状況が大きく変わってしまった。

石油を原料とする合成化学物質がどんどん製造され、多くのものに利用され、
日常的に我々が使う商品になって氾濫してきた。
しかもこの人工的な合成化学物質は、分子量も小さく脂肪に溶けやすい性質を持っている。

ダイオキシン類をはじめ、環境ホルモンと呼ばれる一群の合成物質は
脂溶性と呼ばれる性質である。
この脂溶性が問題として浮かび上がってきた。

有害な化学物質は、脂肪でガードされてる皮膚の脂肪分に溶け込み、
やすやすと体内に入り込む。
これは分子量の大小より、ずっと恐ろしいことなのである。

そして、これらはさまざまな商品に使われて、
私たちの周りに存在している事をしっかり受け止めてほしい。

人間が豊かで便利な生活を望み、開発されてきた合成化学物質が、
人間にとって有害なものになってきている。

この有害な物質は、ほとんどが食べたり飲んだりすることによって、
体内に侵入すると考えられていた。

しかし、多くの有害化学物質が脂肪に溶けやすく
皮膚を通して人間の体内に侵入してくる。
これが経皮吸収の結果起こる「経皮吸収毒性」
一番わかりやすいメカニズムである。



私は、最後まで子どもたちの立場で、物事を考えたい。

この経皮吸収による毒性を表現する

「経皮吸収毒性」の考え方が、

一日も早く日本中に広がってほしい。
     
子どもたちを救うため言葉の意味だけでなく、

その仕組みを知り使わず、避けることをしてほしい。

それが未来の子どもたちを救う大きな力となり

「美しい国」を造ることになり

地球を救うためである。

もう使わないで、下水に流さないで

「有害で危険な化学物質・合成化学物質」を・・・