基礎情報

■ アレルギー・アトピー・アレルゲン情報

アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、アレルギーに関する症状はアレルゲンが原因となって引き起こされます。 体内でアレルギー反応を起こす物質のことを『アレルゲン』といい、気管支喘息や、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を引き起こす原因となるもので、人によって、アレルギーを起こす原因はいろいろありますが、知ることが、症状改善の第一歩になりますよ。

その2 アレルギー・ アトピーについて

「アトピー」と言う語源は、「不思議な」という意味です。
字のごとく不思議・不明・わからないなどといわれています。
つまり原因不明、種類が多くて特定できない、治療法もつかめない、わからないなどなど・・・・

アトピーってアトピー性皮膚炎のこと?

「アトピー」と「アトピー性皮膚炎」は同じ意味ではないようです。
学者(ユカ)が、といた説ですが、 この「不思議な現象」は主に家系な体質によるところがあり、
喘息(ぜんそく)や花粉症をおこしたり湿疹なども併発しやすいと考えれました。
つまり、「気管支喘息(ぜんそく)」、「アレルギー性鼻炎」そして「アレルギー性皮膚炎」これらの症状をひっくるめて「アトピー」と呼びます。
そしてこの湿疹を「アトピー性皮膚炎」と言われるようになりました。

なぜ?乳児期にアトピーを発病することが多い?


子供に多い、食物アレルゲンによるアレルギーは、年齢が上がるにしたがって、胃腸の消化&吸収能力もだんだん備わってきて、さらに治療を続ける事によって、体に耐久性がついてきて症状が起こらなくなることが多いようですが、そもそも、母体に胎児があるときに、おへそ(さい帯)を通して栄養や、酸素の補給を行っているので、母体に石油系界面活性剤が侵入していたとしたら有害物質を子どもが受け継いで出産し、出産後も母乳から栄養とともに受け継いでいるため、食物アルゲンの反応が出てしまうことになるのです。

アレルギー(アトピー)は改善する?


アレルギー性疾患は、原因物質であるアレルゲンと、それに反応を起こす、有害化学物質の両者が結合(化学反応)して、発病する病気なので、どちらか一方がなくなれば、症状はおこらなくなる。
でも、私達の周囲に存在する無数のアレルゲンを完全になくしたり、体内に入るのを阻止するのは不可能にちかい状態ですので、体内に入ったアレルゲンや有害化学物質を排毒・排泄にて体外に出すことで、体内のアレルギー反応が出にくくなり、結果体内も浄化され、体内機能もスムーズな働きをしてくれる。すなわち、健康になる。


アトピーもアレルギーもアレルギー性皮膚炎も体内での有害化学物質とアレルゲンとの融合(化学反応)で
起こることが、わかっていただけたと思います。

このことは、いままでなかなか知る機会がなく、
その結果自分や大事な家族が苦しみ、生まれてきた子どもたちが苦しみ、
次に生まれてくる子どもたちにも受け継がれてしまうことになります。

明日から、いや今日から、気が付いたら今から・・・

一人一人の小さな努力、小さな気遣い、小さな心がけで

未来の子どもたちのために