基礎情報

■ アレルギー・アトピー・アレルゲン情報
用  語
アレルゲンやアトピー、アレルギーに
関係があるアレルゲン
アレルゲンやアトピー、アレルギーに関係があるアレルゲンに対してIgEが
過剰に反応してしまう体質のことアトピーと呼んでいます。
遺伝的な質素によって、外から入ってくる異物に対し、即時型アレルギー
(反応がすぐに出てくるアレルギーのタイプ) を起こしやすい症状。
即時型アレルギー アレルゲンやアトピー、アレルギーに関係がある即時型アレルギーとは、
アレルゲンに対して体に発疹などの、反応がすぐにあらわれてしまう
アレルギーのことを、即時型アレルギーと呼んでいます。
免疫機能とは

アレルゲンやアトピー、アレルギーに関係がある免疫機能とは、
体にとって、異物や有害なもの(抗原という)が体内に進入すると、
体内に抗体が作られ、抗原を攻撃する作用の事を、免疫機能と言っています。
体内には、抗原ごとの抗体が作られます。

抗原とは アレルゲンやアトピー、アレルギーに関係がある抗原とは、病原体
(風邪ウイルスなど)やアレルゲンのことをまとめて『抗原』と呼んでいます。
体内に侵入したり、体に害を加えることがある物質をさします。
抗体とは アレルゲンやアトピー、アレルギーに関係がある抗体とは、
病原体(風邪ウイルスなど)やアレルゲンなど、体内にとって異物が侵入した
場合に、それを排除するために作られるタンパク質の事を抗体と呼んでいます。
抗体は『免疫グロブリン』からできています。
免疫グロブリンとは アレルゲンに関係のある免疫グロブリンとは、抗体の働きをするタンパク質の
ことを言う。病原体(ウィルス・細菌)、アレルゲンなどと結合する性質をもち、
Bリンパ球で作られ、血液中に分泌される。
IgG,IgA,IgM、IgE,IgE と5つの種類があります。
免疫とは アレルゲンやアトピー、アレルギーに関係がある免疫とは、
病原体(風邪ウイルスなど)から体を守るしくみのことをいいます。
リンパ球とは

アレルゲンやアトピー、アレルギーに関係があるリンパ球とは、白血球の仲間。
白血球とは、病原体(風邪ウイルスなど)を細胞の中に取り込んで
消化する事で、免疫をおこないます。
リンパ球は、病原菌と接触することで、病原体の存在を確認する役目をする。
つまり、体になんらかの信号を出す役目をしています。

アナフィラキシーショックとは

アレルゲンやアトピー、アレルギーに関係があるアナフィラキシーショックとは、
なんらかのアレルゲンに反応して、急激に呼吸困難、血圧の低下などを起こす、
非常に強いアレルギー反応をいう。
アナフィラキシーショックのアレルゲンは、主にそば(ソバ)や蜂毒(ハチ毒)など。

アレルギーとは

アレルゲンやアトピー、アレルギーに関係があるアレルギーとは、
普通の人にとっては、なんでもない物質に対して敏感に反応してしまうことを
”アレルギー”と呼んでいます。

アレルゲンとは

アレルゲンやアトピー、アレルギーに関係があるアレルゲンとは、
アレルギーを引き起こす物質の事をいう。主にたんぱく質で出来ているものが多い。
吸引性アレルゲンと、植物性アレルゲン大きくわけて2種類があります。

仮性アレルゲンとは

5大アレルゲンのほかにも、食べるとまるで食物アレルギーを起こしたかのような
反応をあらわす食品もあります。その症状を、仮性アレルゲンとよんでいます。
たとえば、山芋!
山芋を食べると、口のまわりや皮膚がかゆくなりことがありますよね、
これは、食物アレルギー反応ではなく、山芋に含まれている『アセチルコリン』と言う、
物質が体が悪さするからです。
このような、過敏反応を起こす食物を仮性アレルゲンと呼んでいます。

蕁麻疹(じんましん)の症状とは

蕁麻疹(じんましん)の症状とは、急に赤くなったり、盛り上がった赤い小さなブツブツが出てきて、
かゆいからとかいてしまうとそれらが、くっつきあって大きくなり大きな島のような形になります。
蕁麻疹は短期間で現れ、数時間(2時間ほどで)消えてしまうのが特徴ですが、まれに、
全身が真っ赤になってショック状態を起こす事もあります。
蕁麻疹(じんましん)は病院で診察を待っている間に症状が引くことが多いです。

アレルゲン食品対応のアマランサス(アマランス)

「アマランサス」とは学名で、英語名では「アマランス」
原産地は、南米アンデス地域で、ヒユ科の植物。
アマランサスは、穀物や野菜、また観賞用としても使用されています。
アマランサスのたんぱく質含有量は、玄米の約2倍、小麦の約1.5倍、
また、必須アミノ酸であるリジンを多く含みます。
ミネラルも豊富で、カリウムは白米の5倍、カルシウムは30倍、鉄分は50倍含まれ、
繊維質も8倍ですぐれた栄養をそなえています。
米アレルギーの場合の代替食品として。

アレルゲン食品対応のキヌア(キノア)

アンデスの原産である、「キヌア(キノア)」。
良質のたんぱく質・食物繊維を含み、ミネラル(鉄分・カリウム・マグネシウム)を
たっぷり含んだ消化に優れた穀物です。
米アレルギーの場合の代替食品として。

回転食(食物除去治療法)で、アレルゲン治療 「回転食」とは、主食や副食を4〜5日ごとに回転させながら摂取していく食事法です。
ではなぜ、回転食(食物除去治療法)で治療をするのでしょうか?
同じ食品を続けて食べ続けるとアレルゲンでなかった食品でも、続けて食べているという事で、今までアレルゲン食品ではなかったのに、新たなアレルゲンになってしまう可能性があるからです。
アレルゲンを持つ子供さんでも食べられるサクサク粉

サクサク粉はサゴやしの幹から採れるでん粉で、
パプアニューギニアの原住民の人々の大切な主食です。
小麦粉と違って、粘りが出にくいので体重をよくかけてこねないと
生地がまとまりません。(パパの仕事かな?(笑)
サクサク粉に加える湯はかならず、沸騰湯でないと、生地が
バラバラになってしまいます。
加熱するとくず状になり、うどんなどの麺類やプリンなども作れます。

アレルゲンの子供でも食べられるタピオカ粉

南米〜東南アジア地方で栽培されているキャッサバの芋から分離した澱粉。
癖がなく不純物が少ない良質のでん粉です。
麺、餃子の皮などの生地が作れます。
作った生地は必ずラップで包み、乾燥を防ぎましょう。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、アレルゲンが中心になっておこる、
アレルギー炎症による病気です。
この病気は家系的に発生するものとして、遺伝的傾向が強いといわれています。
アレルゲンが中心関わって起こるので、アトピー性皮膚炎にかかっている人は、
アレルギー性鼻炎や、気管支喘息(ぜんそく)などのアトピー性疾患を合併することが
多いのはそのためです。
症状がえる年齢は、乳児期が多く、治癒率もかなり高くなります。
ただ、100%治癒するわけでなく、何十年も続く人も。

IgE

アレルゲンや寄生虫と結びつく免疫グロブリン。
血液中で最も少ない免疫グロブリンです。
免疫グロブリンには、A、D、E、G、Mと5種類のタイプがありますが、
アレルギーを引き起こす原因となるものが、IgEとなります。

ロート胸・はと胸

喉もとから、みぞおちまである胸骨とそれにつながる肋骨の一部が内側にへこんでいるもの、
みぞおちの部分が、くぼんでいるものをロート胸と呼んでいます。
逆に胸骨が前方に突き出しているものを、はと胸と呼んでいます。

粘膜テスト

・ 推定されるアレルゲン物質(花粉が主)をいくつか選び
  その試験用アレルゲンを布にしみ込ませ、鼻の中に入れ、
  粘膜の変化を見る方法。
・ 5〜10分で反応がでてきます。

RAST法(ラスト法)

血液中のIgE抗体値を測定すれば、
1週間ほどでアレルゲンとなる物質の検査結果が出ます。
病院によって検査する物質が違いますが、

・花粉            ・動物のフケ
・卵             ・牛乳
・小麦            ・米
・大豆            ・ダニ
・ハウスダスト                  などを検査します。

血液中の数値で判断しますが、さらにその数値をランク分けして判断されます。
ただし・・・3歳未満ではアレルゲンとなる物質の特定はしにくいそうです。
3歳をすぎてから再度検査を要する事が多々。

皮膚テスト

皮膚にアレルゲンエキスを皮膚に直接たらし、皮膚に針などで、傷をつけて検査します。
痛みはさほどないのですが、小さい子だと泣いてしまうことも・・・。
ただ、このテストは、アレルゲンとなる物質をみづから
体内に入れることになるので、今はあまりやらない傾向になりつつあるそうです。

乳児湿疹(小児湿疹)

乳児にできやすい、湿疹を「乳児湿疹」と呼んでいます。
アトピー性皮膚炎なのか?それとも、半年から1年もすると完治するのか?
まだ判断がつかないときに使われています。

脂漏性湿疹
(しろう性しっしん)

・髪の生えぎわなどの部分に、白っぽいかさぶたの様なものがこびりついていますが、
それは毛穴から分泌された過剰な脂肪で、早い期間に完治します。
・アトピー性皮膚炎と違ってあまりかゆがらないのが、特徴。
・赤ちゃんによく出てくる症状です。

喘鳴(ぜんめい) ぜんそくの発作が起きると、気道が収縮して狭くなってしまう為、
 息をするときに「ヒュー、ヒュー、ゼイ、ゼイ」と特有の音がします。
 (喘鳴:ぜんめい)と呼びます。
春季カタル

・ 春先に、結膜の炎症がひどくなり、激しいかゆみとともに、
  まぶたの内側がブツブツはれた状態になること。
・ アレルギー性結膜炎の重症型になります。

角膜腫瘍

・ まぶたの内側がブツブツと腫れ、このブツブツによって
  角膜が炎症を起こし、腫瘍(癌)となってしまうこと。

沸騰綿

1) 脱脂綿やガーゼを、陶器などの容器にいれ、熱湯をそそぎます。
            ↓
2) 人肌ぐらいにさめたら、手でしぼり使用してください。
  (すぐに使わないものはきちんと保存してくださいね)

水いぼ(症状・特徴)

水いぼは、アトピー性皮膚炎のある子は感染しやすい病気です。
水いぼが出来たときは、ステロイドは中止してすぐにかかりつけの病院で受診しましょう。
水いぼはうつるいぼで、自分の体のほかにも人にもうつります。
伝染力もつよいので、水いぼができた場合はプール感染を防ぐため、欠席しましょう。
症状としては、見た目はつやつやしていてますが、真ん中は
少しへこんでいます。触れると少し硬さがあり、白い芯があります。
その芯が水いぼの原因ウイルスです。
ステロイド薬は水いぼのウイルスには栄養になりますので、
あやしい!と思ったらすぐにかかりつけの病院で受診しましょう。

水いぼ(ケア)

水いぼに感染したら、兄弟は水いぼがうつってしまうので、
同時にはお風呂に入浴しないようにしましょう。
入浴時は、水いぼの部分は石鹸をつけた手でやさしく洗いましょう。
タオルや衣類から感染するのを防ぐため、別々に洗濯をしましょう。

カンポジー水痘様発疹
(カンポジーすいとうよう発疹)

アトピー性皮膚炎と症状がにているカンポジー水痘様発疹の原因は
単純ヘルペスで、帯状疱疹(たいじょうほうしん)や、口唇ヘルペスを起こすのと
同じ系列のウイルスで、皮膚のバリアが低下しているときに感染すると重症化して、
カンポジー水痘様発疹となります。
カンポジー水痘様発疹の単純ヘルペスも、ステロイドは栄養になってしまうので、
早めに受診しましょう!

疥癬(かいせん)

疥癬(かいせん)はダニの一種が皮膚に寄生したために起こる皮膚炎です。
症状は、強い痒みのある赤いボツボツや水痘で、よくみると独特の刺し口があります。
脇の下や、おなか、陰部などの皮膚がやわらかいところにでき、
痒みは特に夜に強くなります。
人からだけでなく、寝具やソファーなどからも感染するので布団は日光に干し、
こまめに掃除機をかけましょう。