ガイドラインに基づく新しい心肺蘇生法

目の前で人が倒れたら! 倒れた人を見かけたら!


成人の緊急事態は大きく分けて4つあると言われています。

1つ目は、心停止
2つ目は、異物による窒息
3つ目は、心臓発作
4つ目は、脳卒中です

心臓発作と脳卒中は、その症状を的確に認識し、迅速に病院で処置を行うことで、後遺症を残さずに回復する可能性があります。
異物による窒息も、迅速に解除することができれば、それだけでも命を救うことができます。
そして心停止。
これは緊急事態の中でも、特に重要で、そのまま放置すれば、ほんの数分で帰らぬ人になってしまいます。
しかし、そばにいた人が迅速に適切に対応すれば、救命できる可能性があります。

【救命の連鎖】
心肺蘇生法をはるか昔から市民に対して普及してきたアメリカ心臓協会(AHA)が提唱したもので、この4つの輪が途切れることなくつながることが救命につながるというもの

最初の輪が 「迅速な通報」
2つ目の輪が 「迅速な心肺蘇生法」
3つ目の輪が 「迅速な除細動」(AEDを使用した電気ショック)
最後の輪が 「迅速な二次救命処置」
         (救急救命士や医療機関で行う処置)


皆さんが行うのは、最初の輪から3つ目の輪
救命の第1段階は、救急隊でもなく病院でも無い、そこに居合わせたあなたが担っています。

心肺蘇生法を覚えて緊急事態に備えることで、大切な人の命を救うことができるかもしれません。





心肺蘇生法


1.反応の確認

目の前で人が倒れた!または倒れている人を発見した!

このような時は、周囲の安全を確かめ、倒れている人に駆け寄って反応を確認します。

倒れている人の肩などをたたいたり、軽くゆすったりしながら、声をかけて反応をみます。

何の反応も無い!

↓


2.119番通報&AED

何の反応も無かった場合、119番に通報し救急車を呼びます。
近くにAEDがある場合は持ってきてください。

周りに誰かがいたら、119番通報とAEDを依頼します。

誰もいなかった場合、自分で通報し、AEDを持ってきてください。

↓


3.気道確保

次に気道を確保します。
気道確保とは空気の通り道を確保することで、頭部後屈−あご先挙上法で行います。

倒れている人の額に手を当て、頭を後屈させながら、もう一方の手の指であご先を軽く持ち上げます。

こうすることで、脱力し垂れ下がった舌の付け根を持ち上げることができ、気道が開放します。

↓


4.呼吸の確認

次に呼吸を確認します。

気道確保したまま、倒れている人の口元に自分の耳と頬を近づけ、相手の胸を見ます。

10秒以内で、呼吸をしているか、または正常な呼吸かを確かめます。

呼吸の確認は、
胸の動きを 『見て』
呼吸の音を 『聞いて』
空気の流れを 『感じて』

行います。




何の反応も無い!

↓


5.人工呼吸(2回)

呼吸をしていない!または普通じゃない!と感じたら、すぐに人工呼吸を行います。

気道確保したまま、額に当てた手の親指と人差し指を使って、倒れている人の鼻をつまみます。

そして相手の口を自分の口で完全に覆い、息を2回吹き込みます。

1回に1秒かけて2回、相手の胸が上がる程度の量を吹き込みます。

ここであまり時間をかけてはいけません。

1回吹き込んで、うまく空気が入らなかったときは、もう一度気道確保をやり直して、再度1回吹き込んでください。

口対口の吹き込みをしたくない場合はしなくても結構。

次のステップに進んでください。

↓


6.胸骨圧迫

2回の人工呼吸のあとはすぐに胸骨圧迫を行います。

倒れている人の胸の真ん中(乳首と乳首を結んだ線の中心)に、自分の手を重ねて置き、床に向かって垂直の角度で、30回圧迫します。

圧迫は、1分間に100回のリズムで行い、胸が4〜5cm沈む強さで圧迫します。

また、1回圧迫した後は、胸が完全に元の位置に戻るようにしてください。

両方の肘を伸ばし、体重をかけるようにしてリズミカルに圧迫を繰り返してください。

『強く、そして早く圧迫』と覚えてください。

心肺蘇生法で一番大切なのは、この胸骨圧迫です。

大切なのは、
胸が4〜5cm沈む強さでしっかり押し、1分間に100回の早さでリズミカルに圧迫すること。
圧迫と圧迫の間は完全に胸を元の位置に戻すことです。



↓


7.胸骨圧迫と人工呼吸

30回の胸骨圧迫の後、2回の人工呼吸を行います。

人工呼吸の際、胸骨圧迫を中断することになりますが、こんなときでも10秒以上中断してはいけません。
うまく人工呼吸ができなかった場合でも、10秒以内に胸骨圧迫に戻ってください。

この胸骨圧迫と人工呼吸の繰り返しを心肺蘇生法といいます。

倒れた人が何らかの反応(体を動かす)を示すか、AEDが到着し準備ができるまで、または救急隊員と交代するまで、胸骨圧迫と人工呼吸のサイクルを続けます。

途中で中断しないでください。

↓


心肺蘇生法

8.AED到着

心肺蘇生法を続けているうちに、AEDが到着するでしょう。

しかしまだ、心肺蘇生法を中断してはいけません。

AEDを使う準備が整うまでは、ひたすら心肺蘇生法を継続してください。

↓


9.電源ON

AEDを倒れている人の近くに置き、まずは電源を入れてください。

機種によっては電源ボタンのあるものや、蓋を開けるだけで電源が入るものがあります。

電源を入れると、音声案内が流れますので、その案内にしたがってください。


電源を入れないと音声案内が流れませんので、必ずはじめに電源を入れてください。


↓


10.パッド装着

AEDのケースの中に袋に入った電極パッドがあります。

袋から電極パッドを取り出し、倒れている人の右肩のあたりと、左脇の下あたりにしっかりと貼ってください。

貼り終わったら、電極パッドにつながったコネクターをAEDに差し込みます。

これも機種によってははじめから接続されているものもあります。

パッドが貼られ、コネクターが差し込まれた時点で、AEDは心電図の解析を始めます。

「心電図を解析します。患者から離れてください」などと音声案内が流れますので、この時点ではじめて心肺蘇生法を中断し、患者から離れてください。



↓


11.通電

解析は10秒〜20秒ほどで終わります。

解析の結果、電気ショック(通電)が必要と判断した場合、AEDは「ショックが必要です。充電中です。」と案内し、自動で充電を開始します。

充電が完了すると、「患者から離れ、ショックボタンを押してください」などの音声案内が流れますので、患者に誰も触れていないことを確かめ、「離れて!」と声をかけてショックボタンを押して下さい。

これでAEDによるショックは終わりです。


↓


12.胸骨圧迫と人工呼吸

ショックが完了したら、すぐに胸骨圧迫から始まる心肺蘇生法を開始してください。

AEDは2分後にまた解析を始めますが、「解析します。患者から離れてください」と音声案内があるまでは、心肺蘇生法を継続してください。

また、最初にAEDを付けたときに、「ショックが必要です。充電中です。」と言うとは限りません。
AEDがショックの必要なしと判断した場合は、すぐに心肺蘇生法を開始してください。

AEDによる電気ショックも大切で、心停止の一つである心室細動という不整脈には、もっとも効果があると言われています。
その電気ショックだけで心臓が再開する人もいます。
が、何より重要なのは絶え間ない心肺蘇生法、絶え間ない胸骨圧迫であるということを認識し、AEDによる心電図解析やb電気ショックなど必要な場合以外はできるだけ中断しないようにしましょう。





倒れた人の尊い命は、

そばにいた

あなたの手にゆだねられている

といっても過言ではありません。

緊急の事態に遭遇したら、

ぜひ勇気を出して行動してください。