このページは、サプリメントの紹介ではなく、サプリメントの基本的な意味を記載しています。
 近年では「美容」や「生活習慣病」を危惧してサプリメント摂取している方も増えていますね。
 テレビドラマなどにも「白血病」・「ペーチェット病」・「ガン」・「心臓病」など取り上げられているのは、一つの警鐘なのかも知れません。 そして、成人病が生活習慣病と名称を変へる必要性は、成人病が大人だけでなく子供にも発生する病気になっているからであり、その要因が「食事」に依存しているの栄養補給であることは、もはや疑う余地は無いでしょう。 事実、毎日800人弱の人々がガンで無くなっています。 年間死亡率の2/3(60万人程度)が生活習慣病で亡くなっているのは、防ぎようがないのでしょうか?
  
 こうした現代の社会生活の中では、残念ながら普通の食生活でバランスの整った栄養補給はできなくなっています。 その結果が、生活習慣病の増加であり、その被害は大人よりもむしろ子どもたちに増え続けているのです。 それは子どもが発育過程にあり成長のためにはさまざまな栄養の補給が必要なのですが、現代の社会生活の中で栄養を考えた食生活を行う家庭が減少して、安易な生活環境と食文化に頼る家庭が増えていることにあります。

このような食を含む社会生活の乱れは、我々の健康を害し続けています。 バランスのとれた栄養補給が望めない以上サプリメントの必要性は疑いようの無い事実であり、そこを認識しない場合はこのページを見ても意味が無いでしょう。
 
 また、美容を気にして若い女性で、サプリメント摂取を当然だと考えている方も多いようですが、サプリメントは若い女性ばかりではなく老若男女全ての人々にとって必要なものです。 特に40代からの体力低下には、とくに気をつけ栄養補給のために摂り入れる方がいいかも知れません。
 もしあなたが、「予防」という定義で自分の健康を考えるとしたならば、サプリメント摂取は最も経済的で合理的な選択と言えるでしょう。

 ある人が「病気になったら保険使って病院いけばいいや!」と言っていました。
まあ、そういう考え方もあるのでしょうし、それはそれで構わないと思います(私は嫌ですが・・・(^^;)。 しかし、保健が有効に適用できるためには、若い人たちはじめ、健康な人たちが元気に働き多額な保険料を払い続けていることが条件です。
  
 このページでは、あくまで自分の健康は自分で維持する為にサプリメントに興味を持って、どうせならしっかりと効果を実感して、値段もそれなり(個人の価値観によって違うのでなんとも言えませんが・・・)のものを考えている方が得をする説明をしていこうと思っています。
 
 現在では色々なメーカーからさまざまなサプリメント商品が出ていて、何を摂ればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか? 中には、サプリメントは体の調子が悪い方が摂る「薬」だと思っている方や、効果を実感出来ずに「所詮気のもの」などと思っている方も多くいると思います。
 コンビニなどの棚を見て、まず種類がたくさんあり、「ビタミンB1?ビタミンC?何?この数字は?」という程度の知識、一体どれが必要かわからないので、「とりあえず有名だし、ビタミンCとカルシウムを購入してみよう!」と思い購入してしまう。 しかし、その効果を実感した人はどれくらいいるのでしょうか?
サプリメントは、その栄養が体内に吸収される状態の中で最良なものを選ぶ必要があります。 これは栄養の吸収力が優れていることが健康を維持するための栄養補給に最も必要なことなのです。
 
 健康維持のために、本物のサプリメントの意味を知り、摂取を考える。 しかし、なかなか価格的にも高価なものが多く、摂取するかどうか悩むところですが、元々サプリメントとは、食事で摂取する栄養の穴を埋める物であり、真剣に体の事を考えた場合、継続的な摂取が必要なのです。 薬みたいな摂取の方法では意味が無く、定期的にしっかり摂取し栄養を補助補給するものだからこそ、価格が高すぎるサプリメントでは継続出来ないので意味が無いのです。
 
 本物のサプリメントを摂取すれば、サプリメントの意味がわかり、栄養の重要性に気付くと思います。
 高品質のサプリメント商品を送り出しているメーカーとは、健康的に生活する為の「一生ものの保険」としての付き合いになると思います。
 
現状では、玉石混淆(ぎょくせきこんこう)良いものや悪いもの、優れたものや劣ったものが混在している状況のこと)されているサプリ業界、疑う目は必要ですが、疑ってかかると損はせずとも得もしません。
ここでは、得をする為のサプリメントの摂取や最低限必要な知識を持って頂き、論拠ある判断を出来るようになって下さい。