基本的には「しっかりした栄養バランスを考えて食事をしているか?」に尽きると思います。 もし、あなたが高脂肪や精製された高炭水化物を多く食べている場合は、その食事の内容を見直した上でサプリメントを栄養補助として摂りいれ本来の健全な体を手にして欲しいところです。
 
 一般的に言われているのは、サプリメントが必要では無い人は、有機栽培の食材を常に食べ、ストレスなどとは無縁な環境で生活している人たちの場合でしょう。
 しかし現代の生活環境は、ファーストフードやコンビニ弁当・加工食品などの「栄養的に貧しい食事」の人たちが増えています。 出来るなら、有機栽培の野菜や、養殖されていない家禽類・魚類などの摂取が望ましいのですが・・・・。
 これらを改善し健康な身体を得るためには、もっと、栄養の知識を得る事が重要だと言えます。
 危険なのが、「私は健康だから・・・・」などと言う人です。
健康=元気で無いのです!一つの例として風邪などが長引く人などは、健康的な体とは言えません。
 気をつけるべきは、ほとんどの人になりますが、特に30代以降の男性は気をつけるべきではないでしょうか?
仕事のストレス・外食・運動不足な人が多い現状で、自分の身体を、健康を軽視していませんか?
 
 といっても、体感出来ないくらいの体の調子の人には、サプリメントを摂取しても体の変化には気付かない可能性は高いですね。 事実、サプリメントで何か改善される人の多くは、実際に体の調子の悪い方、例えば「疲れやすい」・「朝起きるのがだるい」・「偏頭痛もち」などの人で、当然ながら、栄養的な問題がある人たちであり、こういう症例は病気という訳ではありませんね。
  
栄養をしっかり補給するという事は、体の事、健康の事を考える人にとっては不可欠なものと言えます。
 

 QOLつまり、生活の質が大事では無いでしょうか?
体の調子が悪ければ、行動する能力も下がり、メンタル面の不安定をも招きます。 意外に知られていないようですが、ビタミンやミネラルの一部は精神の状態を安定させたりする効果も高い(一般的にはビタミンB群、カルシウムなど)のです。
 
 将来的に、例え長生きしても、寝たきりで過ごす老後と、趣味に打ち込む事の出来る精神と肉体を持った老後・・・あなたが選ぶのはどちらでしょうか?
 
 健康面の低下は美容面の低下にも繋がります。 同じ年齢でも、見た目の年齢に格差はありませんか? ちょっとした生活習慣での違いが大きいのかも知れません。
    

   
 サプリメントとは何なのでしょうか?
体の調子が悪い人が摂取する「薬」のようなもの・・・・とイメージを持つ人が、いまだだに多いみたいです。
 サプリメントの本来の意味、目的とは、必要な栄養を抽出した「健康補助食品」だという事です。 つまり、現在の食事で足りない栄養素を補う為の、まさに「栄養補助」を目的としたものです。
 皆さんの中には、薬局などで「ビタミンC」などを購入して摂取された方もいると思います。
そして、思った以上の効果が無く失望された方も多いと思います。
そしてサプリメントを”気のもの”と思い込んでいる方もいらっしゃるのでは?
 
 「サプリメント」は最低限の知識が無いと効果のある摂取は出来ないのです。 しかし、それをクリアすればサプリメントは本当に身体のため、健康のため、美容のため、老化防止にも役立ちます!
 必要な栄養は不快な諸症状と闘う事が出来るのです!
 
 もし、あなたが日本の医療費に不安を抱き、現代医学の「対処医学」から健康を維持し守るための「予防学」へと観点を変えるならば、サプリメント摂取は「非常に大切なもの」だとお分かりいただけます。
 さらに、健康を維持しうる最低限のサプリメントを摂取していれば、美容への効果が高いものが多いのです。
 健康を維持すると美容も維持出来るので一挙両得と言えるかも知れませんね。
 
 しかし、サプリメントを補給していればいいというわけではありません。

 食生活が基本であり、もっとも大切なことなのです。
 食事は1日最低30品目を基準にと厚生省が発表していますが、この条件は守っていますか?
 これは、色々な食品を食べて必要な栄養素(46の必須栄養素の事)を摂取しようと言う事です。