結論から言えば、上手に選択すればダイエットの成功率を高めるのは間違いありません。
 問題はこの溢れかえるダイエット市場での取捨選択にかかっています。
 ちょっと長いですが、健康や美容の為の参考にしてみて下さい。
 
 又、サプリメント摂取なんて・・・・という考えは少々古い考えとも言えますので、上手に減量しましょう。
 
 ダイエットサプリメントは効果あるの?
   簡単に種類分けすると
 @カロリーカットダイプ
 A脂肪燃焼促進タイプ
 B食事代替タイプ
 に分かれます。
 もっとも効果を上げるのが「食事代替タイプ」だと思いますがこれは、摂取カロリーそのものを抑えるので当然と言えば当然です。
 
 カロリーカットタイプ
 「う〜ん、理論上は可能」なのでしょう。
 カロリーをカットしていると仮定した場合、必要な微量栄養素も一緒にカットしてるのでは?と言う疑問が発生します。
 ただ、ビーカーなどを水で浸し中に脂肪を入れて、「ほら、膜で包んでいるでしょ!」などと言うものは、眉唾ものだと”考えられます。 体内での栄養素吸収のシステムは、そんなに単純では無い!のでは?
 
 有名な例としては「キトサン」があげられます。
 キトサンは体内への脂肪吸収を妨げる働きが知られていますが、同時に脂溶性のビタミンA・D・E・Kや必須脂肪酸なども体外に排出してしまうのです。
 もしあなたが「キトサン」を用いてダイエットを行っている場合、摂取するのは週2回程度にして、その場合上記脂溶性ビタミン及び必須脂肪酸をキトサンが影響しない時間に摂取する事をお勧めします。
 
 こういったサプリメントで仮に減量に成功しても、体質や生活習慣が改善されていない以上、そのサプリメント摂取を止めればすぐに戻ってしまうでしょう。
 
 脂肪燃焼促進タイプ
 よく1週間で5kg減などの謳い文句でやっていますが、5kgなら約35000kcal(フルマラソンで15回分の消費エネルギー)もの消費を何もせずに行う訳ですよね。
 もし、それが「飲む」だけで本当に可能なら、すさまじい熱量を体内で作らないとダメな訳ですから非常に怖い商品では無いでしょうか?(5kg減を体脂肪以外で落とすなら可能かも知れませんが・・・)
 
 昔あった「利尿効果の高くなるお茶」など(現在もあるのかな?)は、水分を排出して体重を一時的に下げた訳ですが、脂肪は燃焼しませんし、必要な水分が無くて、とっても危険でした!
 ダイエットサプリメントの効果は、「脂肪燃焼に効果のある」成分が含有しているだけと考えられます。
 実際に細胞エネルギーの代謝を上げる「共役リノール酸」や「コエンザイム10」などもある訳で、食生活が非常にバランスが良い、もしくはベースサプリメントの「ビタミン・ミネラル」とプロテインとを同時に摂取しながら、カロリー摂取を控えて運動を兼ねると効果的です。
 確かにアミノ酸などを摂取すると脂肪燃焼効果は高まります。
 ただ、その効果が高まって仮に2倍になったとしても、1kgの脂肪燃焼させる運動量120km→60kmになるだけであり、60km走る事が出来ますか?
 
 どちらにしても、自分の消費カロリーに合わせた量の食事を見直さない限り、こういう方法(つまり、飲むだけで痩せる方法)は刹那的な方法でしか無く、一生そのダイエットの為のサプリメントを摂取し続ける事になります。
 健康状態を維持する為のサプリメント摂取は当たり前の世の中ですが、ダイエットの為にサプリメントを摂取し続けるのは、建設的とは言えないかも知れません。
 このタイプは基本的な痩せる栄養素だけが入っているものが多いようです。
 例えば、ビタミンBコンプレックスやミネラルのヨウ素やモリブデン・マグネシウムにL-カルニチン等、糖質や脂質・タンパク質の代謝を促進したり、脂肪燃焼に効果的な栄養素だけが含まれています。
 ビタミンやミネラルは脂肪燃焼に有効な成分だけの摂取では、有効には働きませんのでご注意下さい!
このダイエットタイプのサプリメントを摂取する場合は、総合栄養サプリメントを摂取して基本的な土台をしっかりして、運動を行う場合効果があるようです。
 上記飲むだけダイエットサプリメントの場合、しっかりした効果は期待出来ないケースが多いだけでは無く「危険」な商品も存在します。
 はっきり言って「飲むだけで痩せる」のなら、肥満は社会的な問題には広がっていないでしょう?
 アメリカ直輸入?
 アメリカ人の6割が肥満で悩んでいるのに、そんな効果的な飲むだけサプリがあれば、誰も悩みませんよね。
 ダイエットに多少の努力や忍耐は必要です!食事の栄養バランスを合理的に簡単に行う為、下記の総合栄養サプリメントを摂取し、摂取カロリーを抑えながら、運動などを併用すると健康的に減量が出来ます!
 
 食事代替タイプ
 このタイプのものをダイエット専用として売り出しているメーカーは数多く存在しているようです。
 摂取方法としては食事内容をサプリメント摂取に入れ替えるという方法がほとんどですね。
 よくあるのが、朝・晩はサプリだけにして、昼は好きな食事にしましょう・・・などです。
 実は、この方法が理論上もっ減量効果が期待出来ます。

 ただし、食事をサプリに入れ替えるという方法は問題があると思っていますが・・・。
 価格はピンキリで、高いもので一週間に2万円程度かかるものもあるようです。
 この価格の差は、ビタミンが天然成分か合成成分であったり、ミネラルがキーレートされていなかったり、たんぱく質の種類などにより変化があります。
 まあ、合成ビタミンは論外ですね。
 又、モチベーションを高める為、不必要に高価にしているものもあるかも知れません(価格高い=失敗するとかなり損なので頑張る!・・・みたいな感じです)。
 基本的には、総合的な栄養素+その他の栄養素というものが流行りみたいです。
 総合的な栄養素は、各種ビタミン・ミネラルとたんぱく質(プロテイン)の混合です。
 後は、美容効果のコラーゲン入りなどであったりします。
 
 この手のものは、昼食や夕食の代替として利用して、栄養素を摂りながら、カロリーだけ減らすのが主目的である為、効果が目に見えてわかります。
 ただし、食物繊維不足により便秘状態になったりしますので、別途食物繊維が入っていない場合は必要です。
 ただし、ビタミンやミネラルは食事と一緒に摂取しなければ、しっかり体内吸収されないと言う性質がある以上、結果的に一過性の減量法である可能性があります。
 つまり、必要なビタミンやミネラルが体内でしっかり働いていないので、結果的に代謝が非常に低下してしまい(病的な状態)リバウンドし易い状況を招く可能性があります。
 下記にも示しますが、代替として使用するのでは無く、補助として使用したほうがいいと思います。
 しっかりした商品を選ぶ(成分表・原材料を見極める)事!低価格に惹かれないようにしましょう。
 品質選びはココから参照
 ダイエット薬とダイエットサプリメントは違うの?
 ダイエット薬に関しては、サプリメントとは別問題です。
 薬の場合は、副作用の可能性がありますので、服用の際は専門家に良くお確かめの上、リスクを承知で行った方がいいと思います。
 特に、最新のダイエット薬などは、症例がどこまで取れているのか不明ですから、ハイリスクになる可能性があります。
 
 ダイエットにも健康維持にもお勧めのサプリメント
 総合栄養素タイプ
 このタイプは、ダイエット専用ではありませんが、上記食事代替サプリメントと基本的にはほぼ同じです。
 現状の食生活の不具合を認識している方は、普段から摂取しているもので、それを上手に使うと減量にも使えるものだと言う事です。
 こういう定義のサプリメントは「低カロリー、高栄養素」のサプリメントで健康状態を良くし(いわゆる本当のダイエット)、減量の基本「消費カロリー>摂取カロリー」状態を作る事が出来ます。 食事を減らす事によりカロリーをカットしながら、サプリメントによって代謝を促進し「やつれ」を防止していく方法ですね。
 
 ダイエットを行う上で最も重要な事は「栄養管理」に尽きます。
 あなたの食生活が栄養的に貧しい場合、当然「栄養失調」になってしまい、不健康な状態になってしまうので、生命維持の為に脂肪を貯め込む体になってしまいます。
 不健康な体は当たり前ですが、代謝が悪いので脂肪燃焼が行われませんね。
 そして、この栄養バランスを背摂取カロリーを減らしながら食事だけで行うのは結構面倒な上困難なのです。
 よくTVの料理番組で「ほら、この料理であれば、ビタミンB1が良く取れるでしょう?」などと言いますが、現在一日に必要なビタミンは何種類でしょうか?
 一日に必要なミネラルは何種類でしょうか?それも必要量摂取出来ていますか?
 合理性で言うなら、こういう一部の栄養面だけの話は、必要な種類を満たしていません。
 その状態を簡単に行うのが、総合栄養補助食品なのです。
 
 当然、食事を低カロリーで栄養バランスの良いものにするといいのですが、低カロリー食や野菜だけの食事にしても、生命活動に必要な栄養を摂取するのはかなり難しい為に低カロリーの総合栄養補助食品(サプリメント)にて栄養を摂取するのです。 総合栄養補助食品の場合、品質に注意しないとダメです!
 こういうサプリメントの場合、マルチビタミン・マルチミネラル・タンパク質(アミノ酸)・食物繊維が含有している総合栄養食品を選んで下さい。
 当然、全てが一つで補える状態のものは、少ないので、例えば「マルチビタミン・ミネラル剤」+「食物繊維」+「プロテイン」など複数の商品からの選択でも構いません。
 さらに、魚を食べない食生活の場合は、オメガ3脂肪酸のサプリメント摂取もお勧めします。
 
 そして天然ビタミン・キーレートミネラルなのか、体内で吸収されるように酵素がしっかり入っている事を確かめておかないと、摂取していると思っていた栄養素が実際には体内吸収されていないという事になり、微量栄養素不足から特殊飢餓状態を招きリバウンドの可能性を高めます。
 そして、ビタミン・ミネラルは総合的に働く事実と、食事と一緒に摂取しないと効果的に体内吸収されない事実にも目を向ける事も重要です(サプリメントを食事の代わりにしない大きな理由)。
 タンパク質摂取の必要性ご存知ですか?
 何しろ体を構成している内蔵・筋肉・骨・髪の毛・爪などは、アミノ酸から構成された形や性質の変わった「たんぱく質」だと言う事です。
 普通に体重が落ちると2/3はたんぱく質が減っている(高肥満であれば、1/2程度)という事実があります。
 その分は補充しないと「やつれ」てしまうのはわかりますね?
 又、たんぱく質を補う為のプロテインですが、成分表をしっかり見極め、たんぱく質の含有率及び種類にも注意して下さい。 一番安価なホエイ系プロテインは、筋力強化に向いているもの(消化吸収が早い)ですが、普段の食事代替サプリメントとしてはガゼイン系のプロテイン(消化吸収に時間がかかる)の方が有効です。
 
 ビタミン・ミネラルの必要性ご存知ですか?
 体は、さまざまなビタミン・ミネラルが無ければ、まともに代謝が出来ません。
 摂取出来ない時期が続くと病気に発展し易くなります。
 生活習慣病もビタミン・ミネラル不足が原因と言われています。
 それくらい、この微量栄養素の占める割合は大きいのです。
 残念ながら、あなたの体はこれら栄養素を合成出来るようには進化していません(一部ビタミンは合成出来ますが)。ですから、これらは食事から得るのが健康の基本です。
 
 特にたくさんの栄養が入っているという売り出しなのに、プロテイン(タンパク質)の代わりにしかならないサプリメントは、ダイエットそのものは、体脂肪から落ちていくのですが、途中でビタミン・ミネラル不足から体重が落ちなくなったり(代謝不良)、終了後ビタミン・ミネラル不足からの特殊飢餓状態から過食に繋がりリバウンドするケースも多いようです。
 ダイエット用に総合栄養補助食品をご検討の場合は、成分などをメーカー側に確かめた方がいいでしょう。
 合成ビタミンやキーレートしていないミネラルでのダイエットは、不健康状態の為代謝異常や、リバウンドを招きます。
 (ラベルや成分説明に、「天然ビタミン・キーレートミネラル」的な表示の無い商品は止めておく方がいいと思います。)
 ダイエット時のサプリメントは結局?
 総合栄養素のサプリメントは「食事では難しい摂取栄養バランス」を簡単に行えます!
 どうしても、必要な栄養を食事から得るとカロリーオーバーになってしまうので、ダイエットを行う場合は、食事内容は、「低カロリー食」もしくは、栄養素的には「たんぱく質」と「ビタミンB群」及び「マグネシウムなどの一部のミネラル」のみ重視する食事内容になります。
 たんぱく質にしても、低脂肪で高たんぱくな食材は限られてきますし、ビタミンやミネラルに関しては、バランス良く摂取出来ないのは明白だと思います。
 
 仮に食事だけで完全な栄養食を作ってもカロリーを抑えきれないので、運動を兼ねながら長期的なダイエット計画を立てるならまだしも、すぐに結果を出すのは、かなり難しいといえます。
 短期間で行う場合、ほとんどたんぱく質不足の「やつれ」に繋がり、様々のビタミン・ミネラル不足から体内の脂肪をエネルギーに変える代謝力が減ってしまい完全にリバウンドに繋がるでしょう。
 つまり、リバウンドしたくない方はサプリメントを摂取しながら行う方がいいでしょう。
 
 正確に書けば、サプリメントに減量効果がある訳では無く、サプリメントにより健康状態が向上して代謝が良くなるので、カロリーをエネルギーとしてしっかり使う事が出来る体になるので、低カロリーにすれば足りないエネルギーを体内のたんぱく質と脂肪で補い、その結果痩せる事が出来るが、その減った分のたんぱく質に関しては補充しないとダメだと言う事です!
 早く結果を出したい方は、総合栄養補助のサプリメント摂取が効果を発揮します。
 早くと言っても、月で2〜3kgの体脂肪減が基本になります。
 宣伝文句に、一週間で5kg減などのダイエットサプリメントは、おそらく脂肪燃焼は難しいと思います。
  (体重だけなら落ちるかも知れませんが・・・)
 通常サプリメントダイエットの場合、ダイエット食にするより、リバウンドの可能性も低く、食事内容も精密にする努力を省く事が出来るので、ダイエット成功率は継続さえ出来れば、成功し易いと言えます。
 
 総合栄養補助食品でのダイエット成功には、ストレスや食欲を抑え持続させる精神力・普段の食事内容も極力栄養バランスのよいもの・有機栽培の食品を選ぶ栄養学の知識が必要です。
 
 ダイエットにサプリメントを使用する場合の注意点
 ダイエット専用のサプリメントや薬の使用は極力避けましょう。
 置き換え式のサプリメントは、特に品質の格差が大きいようですので、気をつけて下さい。
 元々栄養価の高い食材を抽出した栄養食品(例:アロエやノニなど)は、摂取地域や時期、加工方法、保存料などにより品質の格差があります。
 総合栄養補助サプリメントは以下に示すように品質に十分気をつけましょう。
  @ビタミンは天然マルチビタミンを選びましょう。
  −何も表記していないビタミンは合成のものが多いので止めましょう(原材料に注目)。
  Aミネラルは体内吸収し易くしたキーレートマルチミネラルもしくはコロイドマルチミネラルを選びましょう。
  −理想はコロイド状態のものだが、価格が高いので最低キーレートのもの。
    何も表記していないミネラルは止めましょう(原材料に注目)。
  B栄養素の配分があるので、天然マルチビタミン・キーレートミネラルが一つの商品で補えるものを選びましょう。
  −ビタミンとミネラルが相互作用する事を考慮して下さい。
  C減量中は、食べる量が激減しますので、食物繊維も十分摂取しましょう。
  −1日18〜25g程度は摂取しましょう。
  Dたんぱく質は、植物性と動物性の配合率のいいものを選びましょう。
  −筋トレ用のホエイプロテインよりは、大豆とガゼインからのプロテインを選びましょう(理想は、ホエイ・ガゼイン・
    大豆の混合プロテイン)。又、たんぱく質の含有率を考慮して下さい。
  E直接関係は示唆されていませんが植物栄養素も摂取しましょう。
  −完全な解明がされていませんが、植物栄養素は体に有効なので極力摂取しましょう。
  F酵素が入っているサプリメントを探しましょう。
  −減量中は、食品から酵素を余り摂取出来ないので多量栄養素をエネルギーに変えるのが難しい。
  G食事と一緒に摂取しましょう。
  −サプリメントを食事に置き換えるとビタミン・ミネラルの体内吸収力が落ちてしまいます。
 
 これらをしっかり考慮して摂取すると、「代謝異常・代謝低下」や「やつれ」などから起こる停滞期やリバウンドを回避出来ます。 また、「プロテイン=筋肉をつけるたんぱく質、余り筋肉はつけたくないから無用」・・・という発想は間違いであり、体の材料となるもの(爪や髪・内臓など)であるという事実を認識して下さい。
   たくさんの栄養素が入っている商品でも、
     体内吸収出来ないようなサプリメントでは意味が無いので気を付けて下さい。
 減量を行う場合、摂取カロリーを抑える為に、食品から摂取する栄養が非常に減ってしまう為、品質の悪いサプリメントを使用するのはほとんど栄養を摂取出来ない結果に繋がるので非常に危険です!
 総合栄養補助サプリメントで栄養の土台を作った状態ならば、コエンザイムQ10やαリポ酸・L−カルニチンなどで細胞レベルの代謝向上の栄養素を摂取すれば、より減量がスムーズになる可能性もあります。
 
 総合栄養素のサプリメントにて減量を行う上のメリット・デメリット
  メリット
  1. 素早く減量が出来る
  2. 栄養素の欠落がないので、病的な減量の心配が無い
  3. 本物のサプリを使用すると代謝状態が良くなり、体の調子も上がる方が多い
  4. 栄養学的に必要な食材を購入する事に比べると、値段を安く抑える事が出来る。
  デメリット
 1. カロリーにだけ気を配る食事になっても効果が出てしまうので、減量後(今までの食事に戻し、サプリメントを停止してしまう)の再太りが起こるケースがありえる。
 
 デメリットに関しては、食事との置き換え方式を行った方の場合、問題が出る可能性があります。
 食事もしっかりと普段から気をつけていき、必要な食事量・食事バランスを考えながら行い、減量終了後もしっかりと食事を把握していく必要があります。 
 
 減量時に、総合栄養素のサプリメントを正しい方法で用いるのは、かなり合理的で健康的な手段です。
 特に、減量期間は食生活が悪くなってしまい、基礎代謝が非常に下がる方は、健康障害・精神障害などにも、繋がるケースがありますので、なかなか結果が出ない方や、失敗した方、急激なリバウンドを経験した方などは、一度試して見る事をお勧めします。