ま  と  め
   
 現代社会の食生活では、なかなか健康的な栄養補給が出来ません。
「食」の誤りから、年間死亡率の2/3は生活習慣病で亡くなっています。
さらに、ダイエット時にも栄養補給はしっかり行わないといけません。
これまでのページをご覧の方は、少なくとも栄養補給の必要性に気付いておられる方だと思います。

 ダイエット、健康維持、老化防止、美容・・・・・目的は色々ですが、本物のサプリメントを普段の食生活に加える事はあなたの将来にとって、非常に有意義なことだと思います。
本当のダイエットを行いたい場合は、サプリメントでダイエットは可能?を参考にして下さい。
健康維持が目的なら、サプリメントの常識を参考にして下さい。
老化防止・美容が目的の場合は、話題の活性酸素が役に立つかも知れません。

 しかし、これら全てに言える事は、基本的な栄養摂取が最も重要だと言う事です。

 現代生活での「食」の環境は、あなたが思っている以上に悪化しています。
あなたが、家族の「食事」を担っている方なら、常識レベルの栄養に関する知識は、知り学ぶ必要があるのでは無いでしょうか?
 有機栽培の素材での食事、ストレスのあまり起きない郊外でのゆとり生活でもない限り、現在は栄養不足が懸念されているのはご存知でしょうか?
 栄養不足は積み重なって、肥満や生活習慣病へと発展していきます。
 予防学の面において、もっとも重要なファクターだとも言えます。

 そして、そのもっとも重要なサポーターで、栄養の管理を容易に行うのが良質のサプリメントです。

 しかし、良質のサプリメントの場合、高額なものが多く、本物のサプリメントの場合、1万円/月は超えてしまいます。
又、低価格の市販サプリメントは、最も当たり前の天然の素材から抽出したものでは無く、石油からの合成品が多いという事実です。
 こういうサプリメントは、あなたの財布は痛めないけれど、代わりにあなたの体を痛めるかも知れませんし、仮に害が無くとも有益では無い可能性が大きいと言えます。

 細かな話をすれば、市販のサプリメントに「酵素」が入っていない事も問題だと言えます。
 成分を固めただけで、体内で有効に働かないようなサプリメントを摂取するのは無駄だと言えます。

 このコーナーをご覧になった方もサプリメントの重要性に気付いている方である可能性が高いと思っています。

   
  サプリメントはこういう方にお勧め
 1. 食生活が悪く、体もなんだか不調である。
 2. 健康的な体作りや美容問題、活性酸素対策に興味がある。
 3. そろそろ、生活習慣病への対策として、対処医療から予防医学へ移行して、サプリメントを保険の一つとして摂取したいと思う。
 4. 本気でウェイトコントロールをしたいと思う。
 5. 市販のサプリメントは安いけど不安、知っている専門メーカーのサプリメントは高いと思う。
 6. 健康的な食生活の補助なので定期的な摂取が必要なので、3千〜1万円/月くらいに抑えたいと思う。
 7. どうせ摂るなら本物のしっかりしたサプリメントを摂取したいと思う。
等をお考えの方にサプリメントは、お勧めします。
  
  推薦サプリメントメーカーの特徴
1. アメリカ製で、吸収力が高い。
2. 老舗ともいうべき長い歴史を持っている。
3. 一部の商品が代替医療にも使われている程の品質の高さである。
4. 基本的な栄養素を摂取する為のベースサプリメントから、特定の症例に絞ったターゲットサプリメントまで用意している。
5. 栄養素の働く仕組みをしっかり考慮、低温加工と酵素まで入っているのが基本。
6. サプリメントに不必要な「ぞうねん剤(栄養素を固める時によく使用されるもの)」などは入っていない。
7. 販売システムを簡略化する事により、価格の大幅値下げを可能にしている。(例えば、天然マルチビタミン・キーレートミネラル・ファイトケミカルが含まれる基本栄養素で3,000円程度)
 
あなたにとって、より良いQOL(Quality Of Life)向上に役立つ事を願っています。
 
 ここからは、サプリメントの成分の一部を公開しますので参考にしてみて下さい。
 日本では一日350gの野菜が必要と言われていますが、本当の健康維持には色々な野菜や果物を1日5〜9皿(1皿:250〜350g程度)と言われています。
 予防の為の保険とも言うべき、サプリメント摂取を真剣にお考えの方は、比較検討の参考にしてみて下さい。
 
 ベースサプリメント
 基本となる毎日必要な栄養素や食物繊維をしっかり摂取しています。
 又、老化防止などの効果の高い抗酸化物質摂取も常識です。
 こうした商品は、基本栄養素の他にも抗酸化物質なども含まれます。
 さらに、活性酸素に対して保護したい場合、抗酸化物質や基本的な栄養素を摂取すると、あなたの体の本来のパフォーマンスを発揮するように体を整える事が出来ます。

 総合栄養素(ビタミン・ミネラル・食物繊維・植物栄養素)
天然ビタミン類
ビタミンA(カロチン)/ビタミンC/ビタミンD/ビタミンE/ビタミンK/ビタミンB1/ビタミンB2/ナイアシン/ビタミンB6/葉酸/ビタミンB12/ビオチン/パントテン酸/PABA/ビタミンP(ビオフラボノイド・ルチン・ヘスペリジン)/重酒石酸コリン/イノシトール
 
キーレートミネラル類
カルシウム/ヨウ素/マグネシウム/亜鉛/セレン/銅/マンガン/クロム/モリブデン/ナトリウム/バナジウム/ホウ素/ケイ素
 
繊維
オオバコ/ベントナイト/アマの種子/グアーガム/ビートの根/様々な乳酸菌/etc
 
抗酸化物質
アルファリポ酸/ルテイン/リコピン/L-グルタチオン/大豆イソフラボン(ジェネスティン・ダイゼイン)/イチョウの葉/ビルベリー/etc
 
植物栄養素関連
アルファルファ/ブロッコリー/芽キャベツ/キャベツ葉/にんじん/カリフラワー/セロリ/ピーマン/etc
クロレラ/スピルリナ/ホウレンソウ/パセリ/緑茶/レシチン/etc
アセロラ/レンゲソウ/レモングラス/ローズマリー/ジンセン/ウコン/ローズヒップ/ダルス/etc
 
 ターゲットサプリメント
たんぱく質(ホエイ・ガゼイン・大豆の植物性と動物性の配合プロテイン)
商品B − 遺伝子組み換えでない大豆・ミルクプロテインアイソレート等から抽出したプロテインです。さらに、必須ビタミン・ミネラルが含まれています。
摂取目的:誰でも良質のたんぱく質を摂取する必要があります。一般に、プロテインの場合、「ホエイ」・「ガゼイン」・「大豆」などとそれぞれ分かれていて、用途により使い分ける方もいるでしょう。このプロテインは、それらを絶妙なバランスで混ぜ合わせたものであり、健康増進や運動前後など、必要な時に手軽に複数のたんぱく質を摂取出来ます。
タンパク質/ビタミンA/ビタミンD/ビタミンE/ビタミンC/ビタミンB1/ビタミンB2/ビタミンB6/ビタミンB12/ナイアシン/葉酸/パントテン酸/ビオチン/カルシウム/鉄分/マグネシウム
 必須脂肪酸(オメガ3脂肪酸)
オメガ3脂肪酸のDHA・EPA及び、それらの吸収を助ける為のビタミンEが含まれています。
摂取目的:食事に魚類が無い時に補充目的として必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸を摂取。DHAやEPAは、頭も良くなる・・
EPA/DHA/ビタミンE
 
その他、肌・抗酸化・食物繊維・腸洗浄・ストレス・更年期障害など、用途にあったサプリメントもあります。
 これらは一例であり、ご自身に合った商品を摂取するといいでしょう。
 特に、ビタミン・ミネラル以外の植物栄養素にも目を向けて下さい。
 大豆イソフラボンやリコピン・アルファリポ酸などは耳にされた方も多いのでは?
 これらの様々な植物栄養素を普段の生活からしっかり摂取するのは、かなり難しいのでは無いでしょうか?
 
 実際、予防学の観点から考慮した場合、サプリメント摂取は有効な手段になります。
 今後、日本の医療制度は大丈夫でしょうか?
 実際に、メタボリックを始め生活習慣病という自己管理である程度回避出来るであろう治療代に保険料が湯水のように使用されています。
 保険料の支払いは別として、健康な状態でいれば、実際に支払う治療費などは杞憂になるかも知れません。