この記事は、2002年度の調査ですが、参考にしてください。

学校健康教育課のコメント

「科学的根拠は得られてないが、アレルギー性鼻炎を含む鼻・副鼻腔疾患、
ぜんそくなどアレルギー関連の疾病、近視の増加は大気汚染、生活環境
食生活、免疫の変化(低下)など様々な要因の複合が考えられる」

とのコメントを2002年の調査で発表している。

有害な化学物質での環境破壊・汚染、
身近にある有害化学物質の存在で
壊されていく生活環境、
免疫力の低下で壊れてゆく自分や子どもたちの姿

一人一人の努力と気遣いで、

未来の地球環境と子どもたちを守ろう