生活習慣病はサプリメントで解決-3



オメガ−3脂肪酸は健康の強い味方

私たちが食物から摂る脂肪は、動物性と植物性の2種類の大別されます。
脂肪の分子は脂肪酸で構成され、脂肪酸は原子の結合の違いで、
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とに分けられます。
さらに、不飽和脂肪酸はその構造の違いで
オメガ-3、オメガ-6、オメガ-9の3種類に分類されます。
これらの三つの不飽和脂肪酸は、体内での働きが異なります。

日本人が摂取する食用油は、オメガ-6脂肪酸を多く含んだものです。
この食用油のほとんどは、油を作る段階で、
身体に有害なトランス脂肪酸が混ざってしまいます。
とくに、大豆やトウモロコシを原料にした油は、質の悪いものが多く、
出来るだけ使用しないことが健康のためには必要です。

オメガ-9脂肪酸は、オリーブオイルに多く含まれています。
オメガ-9は、糖尿病を予防してリ、コレステロールを下げる働きがあります。

人の健康に並外れて役立つ脂肪が、オメガ-3脂肪酸です。
亜麻の種から取れる亜麻仁油は、英名で「フラックスシードオイル」といい、
オメガ-3の中のアルファリノレン酸という脂肪酸を多く含んでいます。

また、鰯(いわし)、鯖(さば)、鰊(にしん)、鮭(さけ)などの魚に多く含まれる
DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)も
オメガ-3脂肪酸です。

オメガ-3には、いろいろな生活習慣病を予防し改善するという、
素晴らしい働きがあります。
動脈硬化、高血圧、心臓病を予防しする。
肥満を改善する。
鬱や統合失調症などの精神疾患を改善する。
痴呆を予防する。
花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息などのアレルギー症状を和らげる。
免疫を向上させ、感染症やガンを予防する。
ホルモンバランスを整え、婦人科疾患を改善する。
高くなった血中のコレステロールと中性脂肪を下げる。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病などの
消火器の炎症や潰瘍を改善する。

人体が健康であるためには、
神経系、内分泌系、免疫系のいずれもが、
正常に機能する必要があります。
この三つはお互いに密接に関係しており、
3大ネットワークとも呼ばれています。

オメガ-3は、このネットワークのどれにも良い影響を与える、
非常に重要な栄養素です。



1日2Lから3Lの水の補給で腎臓から毒素を出す

血液の浄化は解毒、
つまり、身体の毒素を抜いて身体をきれいにすることに繋がります。

皮膚、肺、消化器から入った有害な化学物質は、
血液の中に入り、血管の中を運ばれ、全身を巡回します。
有害物質は血液自体をも汚しますし、
全身の各臓器を痛めつけることにもなります。
脂肪組織、子宮、脳、神経などに溜まり、
それが細胞の中に蓄積されると、
なかなか排出することが出来ないという状況が起こります。
ですから、まず血液そのものを消化する必要があります。
血液の浄化は、腎臓と肝臓でおこなわれます。

その他、毒素は皮膚から汗として放出されるため、
汗をかくことも浄化になります。
腎臓の解毒のために最も必要なのは、水分です。
1日に2Lから3Lの水を飲んで、腎臓からどんどん尿を出し、
体外に毒素を出すことに努めてください。

解毒作用を高めるためには、
さらにビタミン、ミネラルを多く摂ることが必要になります。
ビタミン、ミネラルは、肝臓と腎臓の機能を活発にし、
細胞の外と内の物質の出入りを促進させます。
その他酵素にも同様の作用があります。

なお、補給する水分は、出来るだけただの水ではなく、
肝臓機能や、腎臓機能を高め、利尿作用を促すような
薬用植物のお茶あれば、より効果的に解毒するでしょう。



身体に有害な活性酸素を除去する

活性酸素は毒性酸素とも呼ばれ、健康を損なう大きな原因です。
活性酸素は体内で作り出される毒素であり、1000種類以上あるといわれます。
体内に入り込んだウイルスや細菌などを退治し、
感染症を予防するという有益なものでもありますが、
増えすぎると人体に様々な有害作用を及ぼします。

活性酸素は、
精神的ストレス、疲労、有害化学物質、放射線、
電磁波、紫外線などで、増加します。
増加した活性酸素は、
ガン、アトピー性皮膚炎、喘息、心臓病、脳梗塞、
糖尿病、膠原病など多くの病気の原因になります。

活性酸素が発生すると、体内で出来るSOD(スーパーオキサイドジスムターゼ)などの
酵素の働きによって除去されます。
しかし、現代の生活環境では、つぎつぎと活性酸素が作り出されるため、
除去しきれず過剰になり、病気が引き起こされます。
しかし、自然界の不思議というべきか、
土壌や植物の中に活性酸素を除去する物質が多数存在します。
この物質を抗酸化物質と呼びます。

最も強力な抗酸化物質は、
白松の樹皮やブドウの種子からとれるOPCです。
その他に、亜鉛、マグネシウム、セレニウムなどのミネラル。
ビタミンC、ビタミンE,ビタミンA、ビタミンB群
ベータカロチンなどのビタミン類。
緑茶の中のカテキン、赤みの魚に含まれる赤い色素のアスタキサンチン、
ブドウの種子の中のエラグ酸、ローズマリーの中のカルシック酸、
タマネギの中のケルセチン、トマトの中のリコペン、
ウコンに含まれるクルクミンが挙げられます。
また、補酵素Q10、アルファリポ酸、
イノシトール、タウリン、グルタチオンなどの
栄養素も抗酸化物質です。

最近、欧米では、いろいろな種類の抗酸化物質を含む
サプリメントが製造され、使用されています。
サプリメントは、本来は無しですまされれば、それが理想でしょう。
しかし、活性酸素の害から身体を守るためには、
好むと好まざるとにかかわらず、抗酸化物質をサプリメントでとることが、
必要な時代になってしまいました。
特にOPCを利用していただきたいのは、
30代以降で、ストレスの多い生活をしている人、
病気がちな人、動脈硬化が懸念される人、
50代以降の全ての人。
そして、未成年でもアレルギー性疾患や精神疾患、
その他の難治性疾患にかかっている人などです。

前述した抗酸化物質は、活性酸素に対する作用の仕方が異なりますから、
OPCを主成分として、多種類の成分で作られた
サプリメントを摂ることをお薦めします。



生活習慣病には「ノニ」

タヒチやハワイのポリネシアの島々では、
2000年以上「ノニ」という植物を様々な病気の治療に使ってきました。
ノニも研究が進み、様々な病気への効果が期待され、注目されています。
ノニの実は、ビタミンやミネラルなどの成分を持つハーブです。

ガン、高血圧、糖尿病などの生活習慣病、各種感染症、アレルギー、リューマチ、
肝臓病、口内炎、痔、いろいろな痛み、うつ症状などに効果があります。


何を選べばいいかと聞かれたら時、お薦めするのは

マルチミネラルとマルチビタミン
OPC(オリゴメリック・プロシアニジン)

そして、オメガ-3脂肪酸の三種類を
習慣的に摂ることをお薦めします。


生活習慣病やその他の病気を予防するためには、
まず、有害化学物質を排除し使わない、
そして脂肪と肉と砂糖の摂取を減らし、
適度な運動をした上で、
この三つのサプリメントを補ってゆくという方法が一番適しています。
そうすることで、健康を維持でき、生活習慣病に限らず、
万病に対してもかなり効果が期待できます。
付け加えるならば、腸の解毒を促進するため食物繊維サプリメント、
そして、腸管免疫を促進するためには乳酸菌サプリメントを摂る。





生活習慣病にならないためには

正しい知識を持ち、正しい選択が出来るようにする

自分自身が病気にならない工夫(予防)を心がける

そのためには

有害な化学物質を避ける、

有害化学物質は健康な食生活も邪魔します。

ゆっくりと自然や人の身体を蝕んでいきます。

それが環境破壊と病気の原因です。

有害化学物質を家庭に入れない、使わない。

バランスのたれた食事に気を配る

不足する栄養素はサプリメントで補いバランスを取る