有機水銀の危険性


3.有機水銀と自閉症


現在、アメリカでは有機水銀に関する裁判が続いている。
訴訟を起こしている人は、自閉症の患者さんたちで、
訴訟の相手は製薬会社である。

訴訟内容は、
ワクチンの防腐剤として使用されているチメロサールが
自閉症の原因となっているという主張であり、
チメロサールの主成分であるエチル水銀が論争の中心となっている。

裁判のきっかけは、バーナード博士たちの研究発表である。
一方アメリカ議会の証言に出席した医者や研究者たちが、
「エチル水銀が、子供の脳の発達障害に関与している」と証言した。

現在(2006年6月)も裁判は続いている。


しかし、アメリカ政府はとりあえず
「ワクチンにエチル水銀を使用しない」方針を打ち出し、
その後のアメリカ遺伝センターのガイアー所長たちによって
「水銀を体内に取り込む量が多くなれば、自閉症になる可能性が大きくなる」
との趣旨論文が発表され、
チロメサール不使用に向かいだした。


初めの頃、脳の問題は、心の病気のように受け止められていた。
しかし、現在では、
脳の機能障害は発達障害によって起こる症状であると説明されるようになった。

世界保健機構(WHO)でも、こうした考えかたに立って、自閉症の診断基準を定めている。

自閉症と診断される子供たちは、日本でも増えていると報告されている。

2004年3月にTBSが「報道特集」で
自閉症とワクチンの問題を取り上げたのをきっかけに、
有機水銀と自閉症の関係について論議が続いたが、
関係した厚生労働省、医師会、学会は

「自閉症とチメロサール、すなわち有機水銀の関係は十分証明されていない」

との見解を発表し、

現在でも、チロメサールを含んだワクチンが、
野放しで使用されている。





ただし、製薬メーカーの一部で、チロメサールを含まないワクチンを製造したり、
含有量を減らし対応しているところもある。


サリドマイド事件、水俣病のときと同じ歴史が展開されている。




「危険が証明されないから安全とする」との考えかたによって

物事が判断され続けている。



安全が証明されない限り危険の可能性がある」という考え方は、

なかなか日本の社会では定着しない。





その結果、
「何もいえない、聞かされない」
弱者や、子供たちが意識のない大人の社会の負を背負って、生き続ける事になる。


有機水銀が胎児の脳の発達に大きな障害を与えることは、水俣病で確認済みである。


だから
「日本こそ水銀の問題を取り上げ、世界に警告を発してゆくべきである」


日本が新しい歴史の流れに変えなければ、
未来の子供たちが、今以上に苦しむことを予想しなければならない。

こうした考えに立ち取り組むべきことがはっきりしてくる。
それは、大きく二つに分けて考えることが出来る。


一つは、とにかく有害と考えられる物質を
「取り入れない。使用しない」
という安全な生活をするように努力すること。


もう一つは、どうしても侵入してくる有害物質を
体の外に排出する工夫をすることである。